新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年02月15日 13時25分 UPDATE

東北の巨大ねぷたがブラジルのサンバカーニバルに初出場! 東日本大震災への支援に感謝の気持ち

圧巻の山車!

[ねとらぼ]

 現地時間の2月14日、ブラジル・サンパウロで行われたサンバカーニバルに、青森県五所川原市が寄贈した高さ15メートルの「たちねぷた」が出場しました。

ねぷた 「たちねぷた」ブラジルに出現

 東日本大震災後に復興の祈りをこめて制作された「復興祈願 鹿嶋大明神と地震鯰(じしんなまず)」で、ブラジルの支援に帯する感謝の気持ちが込められています。サンバカーニバルに他国の祭事がそのまま持ち込まれるのは異例のこと。

 「たちねぷた」は、40フィートコンテナ15台に分割された状態で1カ月半かけて船で運ばれたそうです。サンパウロサンバカーニバル1部リーグの有力チームである「アギア・ジ・オウロ」の演目の中で1時間ほどの出番だったそうですが、登場するや大きな歓声があがったとのこと。

ねぷた

 「アギア・ジ・オウロ」は、2015年が日ブラジル修好通商条約締結120周年にあたることから、演目テーマを「ブラジルと日本、120年の融合」としており、500人以上の日系人と、100人程の日本人を含む総勢約3500人が、このテーマのもとに趣向を凝らした衣装と山車で日本を表現したそうです。その中には衣装デザインを手がけたファッションデザイナーのコシノジュンコさんや平山誠敏五所川原市長の姿もあったそうです。

ねぷた

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事