ニュース
» 2015年02月16日 12時13分 UPDATE

おじいちゃんのおめめキレイ! 三日月宗近の瞳をガラス細工で作り上げた審神者登場

よきかな、よきかな。

[高城歩,ねとらぼ]

 人気ブラウザゲーム「刀剣乱舞」の刀擬人化キャラクター「三日月宗近」の特徴的な瞳をガラス細工で作り上げた動画が公開されています。ここにいたのか、おじいちゃん(三日月宗近の愛称)!


画像

 「刀剣乱舞」の三日月宗近は黄金色に輝いた三日月の模様が瞳に浮かんでいるのが特徴的で、ファンの間では尊いシンボル。実物の太刀にも三日月状の打ちのけ(刃文の1種)があります。

 ちなみに「おじいちゃん」という呼称は「俺の名は三日月宗近。まあ、天下五剣の一つにして、一番美しいともいうな。11世紀の末に生まれた。ようするにまぁ、じじいさ。ははは」というセリフから。「おじいちゃん」呼びはなんと公式にも波及しています。


画像 特徴的な瞳

 そんな「おじいちゃん」の眼の部分だけに焦点を当てて作品を作ろうという発想がすでにすごいのですが、このガラス制作は“ガチ”そのもの。まず酸素バーナーで白いガラスを溶かしながら丸め、白目の部分を作っていきます。均等に丸くする作業が匠の技。


画像 作業風景が「職人」の雰囲気

 そしてこの白目をベースに黒目を乗せていきます。素人まる出しの考えで「黒いガラスで点を付けるのかな?」と思ってしまったのですが、最初に紫のガラスで黒目のアウトラインを作るのだとか。細かく微調整しながら虹彩をかさねて透明感のある瞳にどんどん近づく……。

 そしていよいよ黄色の三日月をいれていきます。中央より少しずれた部分に黄色い円ができましたね。あれ……でもこれだと満月では……。ここからがプロの技だったのです。ガラス玉の中央に黒目をちょんと入れます。すると黒目に隠れて三日月模様がはみ出るのです。こりゃ驚いた。


画像画像

 さらに余計な部分を溶かしつつ球体に近づけ、いよいよ完成! 完成した瞳に対して動画内では「きれい」「美しい」という賞賛のコメントが続々と投稿されます。最初に目玉だけとかちょっとコワイと思って申し訳なかった。本当におじいちゃんの瞳は麗しい。


画像

 制作者であり投稿者の「ガラス野郎」さんは、この瞳を用いてイヤホンジャックカバーとストラップを作ってみたようです。なんだかトルコのお土産でよくもらう魔除けを思い出します……。刀剣も「邪気を払い、災いを断つ力」を秘めていると言われていますし、もしかしたら共通する部分があるのかもしれません。


画像

 ガラス野郎さんは「おじいちゃんの動画を作ったら(ゲーム内で)おじいちゃん出ました」とのことなので、おじいちゃんがこない審神者(読み:さにわ 同ゲームプレイヤー)のみなさんは何か制作してみると幸運が舞い込むかもしれませんね(筆者の本丸にもまだおじいちゃんきません!)。おじいちゃんへの並々ならぬ愛を感じるガラス工芸動画を見ながら、三日月宗近が来るように祈祷(きとう)しておくとしましょう。おじいちゃん、ここだー!

高城歩

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― ネット上で女性を演じる「ネカマ」って何なの!? 昔自分をだましたネカマと直接対決してみた(前編)

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー