新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年02月16日 19時17分 UPDATE

世界初! チンアナゴとニシキアナゴの産卵行動の動画撮影にすみだ水族館が成功

巣穴からニョキッと姿を出す水族館の人気者、貴重な生態がいろいろ判明。

[ねとらぼ]

 すみだ水族館(東京都墨田区)が、チンアナゴおよびニシキアナゴ2種の産卵行動の動画撮影に世界で初めて成功しました。

画像画像 チンアナゴ(左)とニシキアナゴ(右)。ニコニコ生放送で生中継されるなど、細長いニョキニョキした動きが人気です

画像画像 チンアナゴのメスが放卵する様子(左)と、ニシキアナゴのメスが放卵したのに対しオス3匹が左から顔を出した様子(右)

 動画は、2014年4月14日に同館の水槽内で初めてチンアナゴ類の卵を発見してから約半年間、夜間に撮影し続けたもの。通常なら夜間は潜って寝ているチンアナゴやニシキアナゴが、巣穴から体を伸ばして産卵行動する姿を計17回確認したそうです(オスだけの放精、メスだけの放卵も含む)。

 ニシキアナゴは産卵行動が特徴的で、まずはメスが巣穴からカクカクとした動きで体を伸ばしてみせてから放卵し、直後にオスが巣穴から出てきて放精するという特有な行動を見せました。またメス1匹と複数のオスが直線上に並んで放卵・放精を行うという、チンアナゴには見られない行動も観察され、2種の間における産卵行動の違いも確認できたといいます。

画像画像 左がチンアナゴ、右がニシキアナゴと、受精卵の違いも明確であることが判明

 また同館は水槽に浮遊したチンアナゴやニシキアナゴの受精卵の採取と孵化(ふか)にも成功。2種の受精卵は明らかに見た目が異なり、受精卵の段階でどちらの種なのか識別できるそうです。孵化した稚魚は約10日間生存したものの、その後の育成は残念ながら継続できませんでした。

 撮影に成功した動画は、いずれネットで公開するとのこと。今後も同館は、チンアナゴ類の産卵行動および成長過程の解明と、飼育下での繁殖を目標に、観察・研究を続けていく予定です。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事