ニュース
» 2015年02月17日 13時25分 UPDATE

日比谷線南千住駅、太陽光発電システムを2月17日稼働

「東西線ソーラー発電所」完成までは、あとわずかです。

[太田智美,ねとらぼ]

 東京メトロは2020年度に向けて、長期環境戦略「みんなでECO. 」を掲げている。その取り組みの一つとして実施されているのが、太陽光発電システムの導入。これまで東京メトロでは、東西線(西葛西駅〜原木中山駅)7駅、千代田線北綾瀬駅の計8駅に太陽光発電システムを設置していたが、今回新たに日比谷線南千住駅への導入を決定した。稼働は2月17日から。


画像

画像

 地上駅屋根上に取り付けられた太陽光発電システムは、駅のエスカレーターやエレベーター、照明などに付帯用電力(=電気設備用電力)として供給される。日比谷線南千住駅の太陽光パネルの最大出力は、想定80キロワット(kW)。1年間で一般家庭約23世帯分(=約8万kWh)の電力量が見込まれており、発電量が多い場合は三ノ輪駅など隣接する駅にも供給するとしている。

 また、CO2は年間約42.4トンの排出削減に。東京メトロは「引き続き再生可能エネルギーの利用を進めたい」とコメントしている。

 今後は東西線西船橋駅に太陽光発電システムを導入予定。西船橋駅の設置が完了すれば、東西線地上8駅合計で出力1メガワット(=1000キロワット)以上の太陽光発電所「メガソーラー」ができあがる。2013年3月21日に掲げられた「東西線ソーラー発電所」計画完成までは、あと少しだ。


画像

太田智美

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 明らかに燃えそうなことを何でSNSに投稿しちゃうの? 経験者に聞くネット炎上の理由と怖さ(後編)

日めくりまんが「成功と失敗」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー