ニュース
» 2015年02月18日 13時37分 UPDATE

指紋がついた時期まで分かる!? 最新鋭の鑑識マシンがすごそうな件

光スペクトル計測技術を応用。非破壊・非接触で調べられます。

[ねとらぼ]

 犯罪の重要な物証にもなる「指紋」──どうやって採取するかと聞かれれば、ドラマなどでおなじみ、アルミパウダーをポンポンと付着させる姿が浮かびますが、早稲田大学などが開発した最新鋭の鑑識マシンはもっとハイテクです。

photo ハイパー・フォレンシック・イメージャー

 今回発表された「ハイパー・フォレンシック・イメージャー」は、早稲田大学理工学術院の宗田孝之教授が、JFEテクノリサーチと科学警察研究所との共同研究で開発したものです。光スペクトル計測技術を応用し、現場の物証を非破壊・非接触で回収できるそうですよ。

 同装置は、指掌紋や体液等に含まれる脂肪やたんぱく質といったヒト由来成分を、光スペクトル計測技術により分析するもの。分析されたデータはその場で指掌紋として画像化できます。

photo (a)は壁に潜在する掌紋画像、(b)は切符磁気面に潜在する指紋画像

 非破壊・非接触で鑑識できるだけでなく、これまでの手法では検出が難しかったフォトペーパーや切符の裏面などの指紋検出や、重なった指掌紋の分離検出も可能。さらに、「潜在指掌紋が発する蛍光スペクトルから、印象時期を特定できる可能性も秘めている」そうです。時間経過とともに指掌紋の蛍光スペクトルは変化するそうで、これを正確に分析できるようになれば、「その指紋がいつ付着したものなのか」も推測できるようになります。

 現場で指紋を画像化できる同装置があれば、インターネットを使って指掌紋データベースに即座に照合するといったシステムも構築が可能になるとのこと。犯罪調査や身元確認のスピードアップにつながりそうですね。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「首都圏外郭放水路」の取材をレポートする

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー