新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年02月19日 20時30分 UPDATE

いつでもトマトを補給できる「ウェアラブルトマト」爆誕 最大6発のトマトを装填可能

通称「トマタン」。

[太田智美,ねとらぼ]

 「トマトとスポーツとの相性は抜群なはず。なのになぜわれわれは、スポーツをしながらトマトを食べないのだろう?」――農学博士であり、カゴメ社員の鈴木氏は考えた。そして気付いた。「トマトにはモバイル性がないからである」(鈴木氏)。

 そこで開発されたのが「ウェアラブルトマト」。走りながらトマトを補給できる、これまでにない画期的なデバイスだ。明和電機とタッグを組み、2月19日ついに完成した。


画像 これがウェアラブルトマトだ!

画像

画像

画像

画像 優しくも、がっちりとつかむ

画像

 このウェアラブルトマトは、通称「トマタン」。トマタンには最大6個のトマトを装備でき、足の裏に付いているボタンを押すと背負っているトマトを口まで運んでくれる。重さ8キロ。肩に乗せているためそこまで重く感じないという。

 鈴木氏がポチッとスイッチを押すと、トマタンは手を後ろへと持っていき、トマトを1つきれいに持ち出して鈴木氏の口元へと運んだ。



画像 このスイッチを押すとトマトが運ばれる

画像 あーん

 そしてトマタンには実は仲間がいる。こちらは通称「プチトマタン」。

 プチトマタンは12個のプチトマトが収容可能で、タイマーも搭載されているという。手元のボタンを押すとホースを伝ってコロコロと手元に転がって届く。


画像 真ん中が「プチトマタン」

画像 12個のプチトマトが入っている

画像 ボタンが押されると、赤いホースからプチトマトが出てくる

画像 ゴール

 開発にあたり使われたトマトは100個に及ぶ。明和電機の土佐信道社長は「これまでトマトを固体だと思っていた。しかし実際は薄い膜に覆われた液体だった」と、開発の難しさを言葉にする。


画像

 ウェアラブルトマトは「東京マラソンフレンドシップラン 2015」にて実走実験を予定。海外からも多くの注目が集まっている。


画像

 走れ! トマトよ!!

太田智美




※「トマタン」「プチトマタン」という呼び名は公式のものではありません。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

icon
編集部からのお知らせ:

ご応募お待ちしております。

icon

IMALUという名は「生きてるだけで丸もうけ」というさんまさんの座右の銘から。

icon

“バリュータイプ”の新ディズニーホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル」を一足先にチェックしてきました。

icon

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事