新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年02月21日 10時44分 UPDATE

西の空 月と金星、火星が接近

今日21日の夕方、西の低い空に、細い月が浮かびます。さらに、そのすぐ下には、ひときわ明るく輝く金星と、赤っぽい火星の姿も見られます。

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp
天気 日の入り後 西の空のイメージ

 今日の夕方、月と金星、火星が並びます。

 東京の日の入りの時刻は「17時28分」。そのほか関東甲信越は同じくらい。北ほど早く、北海道や東北は17時15分前後、北陸や東海、近畿は17時40分前後、中国と四国、九州は18時前後、沖縄は18時半頃。3つの天体が浮かぶのは、日の入りから1、2時間程度。

 次第に位置が低くなり、最終的には沈んでしまいます。これらとは逆の東の空には、明るく輝く「木星」を見ることもできます。

各地の天気

天気 今日の各地の天気

 本州付近は高気圧に覆われるため、今朝は広い範囲で晴天。昼頃までは、このまま晴れる所が多い見込みです。最高気温はきのうより高い所が多く、関東から西は広く10度を超えます。風も比較的穏やかで、お出かけに良さそうです。

 ただ、西からは気圧の谷がゆっくりと近づいてきます。

九州、中国、四国

 午後は次第に雲に覆われて、夜は所々で雨に。天体観測にはあいにくの天気となってしまいそうです。

近畿、東海、北陸

 夕方から雲が多くなります。ただ、雲の切れ間から見られる所もありそうです。

関東、東北、北海道

 日の入りからしばらくは晴れ間あり。見られる所が多い見込みです。

沖縄

 多少雲がかかるくらいで、おおむね晴れ。こちらも、期待できそうです。

天気 明日の天気

 なお、あすは全国的に天気が崩れ、南風が強まります。お出かけかけにも天体観測にもあいにくとなりそうです。九州、中国、四国はほぼ一日雨で、太平洋側を中心に雷を伴って強く降る所も。近畿や東海、関東は昼頃から広く雨に。北陸は夕方から、東北や北海道も夜は雨となる見込みです。


あわせてチェックしたい

Copyright (C) 2016 日本気象協会 All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事