ニュース
» 2015年02月26日 15時25分 UPDATE

“勝手にゲームが上手くなる人工知能”をグーグルが開発 どんどん賢くなってます

話題の深層学習(ディープラーニング)の成果だとか。

[ねとらぼ]

 Googleが、ゲームの攻略法を自ら見つけて人間以上の高得点をたたき出す人工知能を開発しました(natureに掲載された論文)。同社が2014年に買収した人工知能ベンチャー・DeepMindのメンバーが開発に関わっており、昨今注目度が高まっている深層学習(ディープラーニング)という技術が使われています。

photo natureに論文が掲載されています

 今回の実験では「ブロック崩し」といったAtari 2600の古典的ゲーム49種類を、人工知能にプレイさせました。人工知能は、ゲームに関する知識はまったく持っていません。しかし、高得点を目指すようにデザインされており、ゲームを繰り返しプレイすることで、徐々に得点を伸ばす方法を学習し、ゲームによっては人間並みの高得点をたたき出すようになったとのこと。49種類中29種類のゲームスコアで人間を上回り、43種類のゲームで既存の人工知能のスコアを上回ったとしています。

 DeepMindは買収前の2013年に「Playing Atari with Deep Reinforcement Learning」という論文で、同じようにAtari 2600のいくつかのゲームを人工知能にプレイさせた結果を発表しています。例えば当時のブロック崩しの平均得点はすでに人間(上級者)のスコアを上回っていました。


 そして今回の発表では人工知能のさらなる改良により、ブロック崩しで人間の13倍の得点をたたき出しています。100回程度プレーした段階ではボールを打ち返せないケースも多かったのが、600回を超えるとボールをブロックの奥側に回り込ませて大量にブロックを崩す攻略法なども身につけたというから驚きです。

 とはいえ、全てのゲームで人間並みの高得点を出せたわけではなく、例えばパックマンのようなゲーム「Alien」では人間の半分以下のスコアとなっています。画面を縦横無尽に動きまわってプレイする、複雑な操作性を備えたシューティング「Asteroids」では、人間の10分の1以下のスコアしか出せませんでした。さらに、「鍵」をゲットしてゲームを進行させるといった複雑な文脈を持つゲーム「Montezuma's Revenge」では、0点という結果に。得意・不得意があるみたいですね。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コミック アース・スター×ねとらぼ:都道府県擬人化バトル「四十七大戦」出張連載

  1. 「板長が暇つぶしに切った大根」が暇つぶしってレベルじゃねーぞ! 江戸時代から伝わる技法があまりにもアート
  2. 「はちま起稿」買収問題、DMM社員はどう見たか 「正直、気分は良くない」「色々な意味で倫理にもとる行為」
  3. 「はちま起稿」買収騒動から4週間、沈黙続くDMM・インサイトの現状は―― まとめサイトの「運営隠し」は何が問題なのか
  4. 男子学生の恋愛ドラマかと思いきや……急展開すぎるだろ!! 米国NPO団体が実際に起こっている悲劇を動画化
  5. うちの母のお弁当、そんなに面白いですか? 編集部員のお昼を公開【母弁写真32枚】
  6. 本当にプレイできるゲーム筐体型家具まで開発 新ジャンル「ゲーミング家具」を掲げる家具屋さんの本気を聞いた
  7. ニンゴジラ「ひや、マイニンテンドーストア混んでますわ〜」 アクセス集中で登場する謎の怪獣、任天堂にデザイン意図聞いた
  8. 異議あり(物理)! モンハン×逆裁コラボで「マスコットキャラで敵をぶん殴る成歩堂」などクレイジー場面続出
  9. 湖西線・志賀駅のホームが超積雪 電車ドアが開くと雪の断面ドーンな動画が話題
  10. 「ゲームに飽きたんじゃない、成長しないことに飽きたんです」 プロゲーマー・梅原大吾が語る“ゲームに飽きる理由”に共感集まる

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー