新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年03月03日 13時44分 UPDATE

人気絵本「バーバパパ」 作者タラス・テイラーさん死去、享年82歳

タラスさん「バーバパパのしなやかな体は、愛にあふれた彼の心そのものです」。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 3月2日フランス紙フィガロ電子版によると、絵本「バーバパパ」シリーズの生みの親であるタラス・テイラーさんが2月19日にフランス・パリで亡くなりました。享年82歳。死因は明かされていません。

画像 タラス・テイラーさんが手がけた「バーバパパ」(公式サイトより)

 タラス・テイラーさんは、妻であり共同制作者であるアネット・チゾンさんと1970年にシリーズ第1作目「Barbapapa(邦題:おばけのバーバパパ)」を出版。シリーズは30カ国語以上に翻訳、テレビアニメシリーズも制作されるなど、世界中で人気を集めています。

画像 1972年に日本で出版されたシリーズ第1作「おばけのバーバパパ」

 同シリーズは、姿を自由に変形できる能力「バーバトリック」をもった不思議な生き物・バーバパパの物語。「バーバパパたびにでる」では伴侶となるバーバママを求めて世界や宇宙を旅をしたり、「バーバパパのいえさがし」では7人の子どもたちと家を作ったりと、バーバ一家が愛を育みながらあらゆる冒険を繰り広げていきます。環境汚染で地球に住めなくなった動物たちを環境の良い星まで運ぶ「バーバパパのはこぶね」など、社会問題を扱った作品も。

 もともとバーバパパは、アメリカからパリへ旅行に来たタラスさんが街角の喫茶店でアネットさんと出会い、紙製のテーブルクロスでいたずら書きを交換しているうちに生まれました。フランスには多いピンク色のわたあめに似ていることことから、「わたあめ」の意味を持つ単語「barbapapa」から命名。誕生経緯から作者の愛とユーモアがうかがえます。

 タラスさんはバーバパパの体について次のような言葉を残しています。「バーバパパのしなやかな体は、愛にあふれた彼の心そのものです。家族にだけでなく、困った人や動物のために、いつでもおしみなくその能力を使い、みんなを幸福にします。やさしく、あたたかく、平和を願う、私たちの頼もしい友人です」(PLAZA公式サイトより)。


黒木貴啓


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ねこ漫画「チーズスイートホーム」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー