新着記事一覧

新着記事一覧

速報
» 2015年03月04日 08時56分 UPDATE

SCE、PS4向け「Project Morpheus(プロジェクト モーフィアス)」の新型試作機を発表

2016年上半期の発売に向け開発を継続。

[ねとらぼ]

 ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は、2014年3月に発表したプレイステーション 4用のバーチャルリアリティシステム「Project Morpheus(プロジェクト モーフィアス)」(以下、Morpheus)の新型試作機を米サンフランシスコで開催中の「Game Developers Conference 2015」(GDC)で発表した。

Project Morpheus

 昨年3月に発表した「Morpheus」は、ゲームの仮想世界の中に入り込んでいるかのような体験を実現するもので、有機ELディスプレイを採用し、120fpsの映像表示に対応、トラッキング性能の向上、遅延時間の低減、着脱しやすく快適な装着感など従来の試作機に改良を加えた。

Project Morpheus

  • 有機ELディスプレイ採用:

 従来機の5インチの液晶ディスプレイにかわり、解像度1920×RGB×1080の5.7インチの有機ELディスプレイ(OLED)を採用。これにより視野角が向上するとともに、映像の残像感やブレを大幅に低減させることが可能に。

  • 120fpsの映像表示に対応:

 OLED採用に伴い、120fps(frame per second)の映像表示に対応し、1秒間に120回の画像表示ができるように。さらに、すべてのPS4はシステムソフトウェアのアップデートにより、Morpheusに接続して使用する際に120fpsの映像出力が可能になる。

  • トラッキング性能の向上、遅延時間の低減:

 従来機のVRヘッドセットに搭載していた6つのLEDの数を9つに増やしたことにより、VRヘッドセットを装着したユーザーの頭部の位置をPlayStation Cameraがさらに正確に検知可能に。また、検知した頭部の動きを映像に反映するまでの遅延時間が、システム全体の最適化を通じて減少。

  • 着脱しやすく、快適な装着感:

 従来機のバイザースタイルを継承しながら、1本のバンドだけで頭部に固定する構造にし、簡単に着脱することができるように。部品構造の見直しと最適化を図ることで軽量化を実現した。

 PS4は発売後16カ月で全世界累計実売2020万台を達成し、歴代「プレイステーション」ハードウェア史上最速で普及拡大しているとアナウンスされている。SCEは、Morpheusの2016年上半期中の商品化を目指して開発を進めている。

構成:プロセッサーユニット、VRヘッドセット

ディスプレイ方式:OLED

ディスプレイサイズ:5.7インチ

ディスプレイ解像度:1920×RGB×1080(左右の目それぞれに960×RGB×1080の映像を表示)

リフレッシュレート:120Hz、60Hz

視野角:約100度

搭載センサー:加速度センサー、ジャイロセンサー

接続I/F:HDMI+USB

機能:3Dオーディオ、ソーシャルスクリーン


※開発中のものであり、デザインおよび仕様は変更される可能性があります。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事