新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年03月04日 18時10分 UPDATE

音楽は1日1時間まで!? WHOが若者の難聴リスクに注意呼びかけ

世界の若者のうち、50%がオーディオ機器などによる難聴リスクにさらされているそうです。

[ねとらぼ]

 日本ではもう過ぎてしまいましたが、3月3日の「国際耳の日(International Ear Care Day)」に合わせて、WHO(世界保健機構)が若者の難聴リスクに警鐘を鳴らすリリースを発表しています

 WHOによると、世界の若者(中・高所得国に住む12〜35歳)のうち、約50%がオーディオ機器などで、約40%がクラブなどの娯楽施設で「危険レベルの音響」にさらされているとのこと。目安としては、85デシベルの音量(電車の車内くらい)で1日8時間、100デシベル(電車が通るときのガード下くらい)になると1日15分でも危険とされており、WHOでは音量を下げたり、スマホなどのオーディオ機器は1日1時間までに控えたりするよう警告しています。

 WHOのサイトでは啓発用のポスターや小冊子のPDFデータも配布中


画像

画像

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ねこ漫画「チーズスイートホーム」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー