新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年03月05日 13時42分 UPDATE

仮面を着けて来れば割引も 世界中の仮面を約100点集めた「マスク展」開催

フランス「ケ・ブランリ美術館」が所蔵するアフリカ、アジア、オセアニア、アメリカの仮面が、日本で見られる!

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 アフリカ、アジア、オセアニア、アメリカから集めた仮面(マスク)を約100点公開する企画展「フランス国立ケ・ブランリ美術館所蔵 マスク展」を、4月25日から6月30日まで東京都庭園美術館(東京都港区)が開催します。

画像画像 仮面はすべて、パリにあるケ・ブランリ美術館所蔵のもの。左「キフェベ仮面 ソンゲ(コンゴ民主共和国)」、右「仮面(ジャワ、インドネシア)19世紀」(C)musée du quai Branly, photo Sandrine Expilly

 同展はフランス・パリにあるケ・ブランリ美術館との共催。ケ・ブランリ美術館は欧州以外の国々の芸術・文明を専門に扱う美術館で、かつて国立アフリカ・オセアニア美術館と人類博物館民族学研究所にあった所蔵品を約30万点収めています。「マスク展」は同館所蔵の仮面から厳選したものを公開すると同時に、日本において同館初となる大規模なコレクション展となります。本来パリでしか閲覧できない品々を見つめ、仮面の表現の本質に迫りましょう。

画像画像 左「ヤヌス仮面、イボまたはイガラ(ベヌエ、ナイジェリア)」、右「オボド・エニイ仮面 イボ(ナイジェリア)」(C)musée du quai Branly, photo Sandrine Expilly

画像画像 左「カヴァット仮面 バイニング(パプアニューギニア)」、右「コディアック(アラスカ)」(C)musée du quai Branly, photo Sandrine Expilly

画像画像 日本とメキシコの仮面だけど、おひげを生やしているのは一緒。左「能面 翁(日本) 20世紀中頃」、右「仮面 ツォツィル(チアパス、メキシコ)」(C)musée du quai Branly, photo Sandrine Expilly、ツォツィルは(C) musée du quai Branly

 期間中は仮面(紙にプリントしたもの)を顔にあてて写真を撮れるコーナー「顔出さず写真館」など、仮面をテーマにした教育プログラムを館内で展開。オープン日の4月25日にはケ・ブランリ美術館のキュレーターによる講演「マスク―精霊たちの美」が催されるほか、5月15・29日、6月19日にはギャラリートークも実施されます。

 またドレスコード割引「マスク(仮面)」として、仮面・顔のモチーフや模様、仮面の実物を身に着けて行った場合は100円引きで入館できます(来場客と作品の安全確保のため、展示室内での仮面の装着は不可。また展示室外でも警備上外してもらうことがあるとのこと)。開館時間は午前10時から午後6時まで(入館は閉館30分前まで)、休館日は第2・第4水曜日(祝日の場合はその翌日)。観覧料は一般1200円です。


黒木貴啓


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ねこ漫画「チーズスイートホーム」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー