新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年03月12日 11時30分 UPDATE

会社帰りのちょい飲みにピッタリ!? フレッシュネスバーガーの500円生ハム食べ放題に行ってきた

500円で生ハム食べ放題、980円でワイン飲み放題――フレッシュネスバーガーのワインバル「フレバル」を堪能してきた。

[姫野ケイ,ねとらぼ]

 生ハムと言えば、ちょっとオシャレで高級感あふれる食べ物。赤ワインを傾けながら味わえば、さらに幸福感が増すだろう。そんな生ハムがなんと、フレッシュネスバーガーの一部店鋪で食べ放題という情報をキャッチした。しかも500円! これは行くしかない。

 現在、生ハム食べ放題が楽しめるワインバル「フレバル」(FRESHNESS BAR)を行っている店鋪は都内の町屋店、錦糸町店、新富町店の3店鋪。今回は新富町店へ行ってきた。

ah_fre1.jpg フレッシュネスバーガー新富町店
ah_fre2.JPG フレバル

 生ハムだけでなく、ワインも980円で飲み放題(どちらも制限時間は1時間。価格は税別)。生ハムを食べるならワインも飲まなければ! ということでレジで生ハム食べ放題とワイン飲み放題を注文。サイドメニューも頼んでみることに。サイドメニューも300円〜という手頃な価格だ。自家製ピクルスとカリーヴルスト(ソーセージ)をオーダーした。

ah_fre3.JPG いざ、注文!
ah_fre4.JPG

 生ハムはその場で塊肉をスライスしてくれる。慣れた手つきでスライサーを操作する店員さん。生ハムはレジで受け取るのではなく、席まで運んでくれるというので、とりあえず席へ。

ah_fre5.JPG スライサー

 席に着くと、店員さんがワイン飲み放題に使用するグラスを持ってきてくれた。レジの横にはワインの樽が置いてあるので、セルフサービスでワインを注ぎに行く。

ah_fre6.JPG オシャレなワイン樽
ah_fre7.JPG ワインは白と赤の2種

 赤ワインと白ワインの2種類があるが、まずは赤ワインをチョイス。樽に付属しているボタンを押すと、ジョボジョボと美しいボルドー色の赤ワインが流れ落ちてきた。

ah_fre8.JPG まずは赤ワイン

 ワインを持って席に戻ると、ちょうど生ハムが運ばれてきた。500円でこの量とは、普通の居酒屋やバーに比べるとかなりお得なように思う。いざ、実食。

ah_fre9.JPG 生ハム!
ah_fre10.JPG 左から、生ハム、ピクルス、カリーヴルスト
ah_fre11.JPG いただきます!

 食べ放題となると「ああ、やっぱり食べ放題ならこの程度だよな」と思う店もある。しかし、この生ハムは本物! 食べ放題でないお店で頼んで出てくるものと遜色ないクオリティ、いや、それ以上の味だ。

 フレッシュネスバーガー広報の遠藤友梨子さんに聞いてみたところ、こちらの生ハムはスペイン産のハモンセラーノ。ほかの飲食店で提供されている生ハムはイタリア産のプロシュートが多い。筆者は10回以上スペインを旅行して本場の生ハムの味を覚えてしまったため、生ハムには少しうるさいのだが、これは納得できる味だ。

 続いて、ワインのお味はどうだろう。

ah_fre12.JPG ゴクリ

 赤ワインは、独特な渋みが苦手という人もいる。しかし、このワインはくどくなく、甘口で飲みやすい。女性が好みそうな味だ。そしてやはり、生ハムとの相性が最高である。ワインは赤も白もカリフォルニア産の「カルロ ロッシ」。

ah_fre13.JPG

 サイドメニューでもワインが進む。お店で漬けているというピクルスは、生ハムで塩辛くなった口の中をさっぱりさせてくれる。カリーヴルストはしっかりとした肉感で、こちらも赤ワインにぴったり。

ah_fre14.JPG ピクルス
ah_fre15.JPG カリーヴルスト

 食べ放題なので、もちろん生ハム2皿目を追加。店員さんに声をかければお代わりを持ってきてくれる。

ah_fre16.JPG 2皿目もいただきます!
ah_fre17.JPG ワインもお代わり。3杯目のワインで、少し楽しくなってきた筆者

 筆者のような飲んべえにとっては飲み放題はうれしいシステムだ。何杯も飲めないけれどワイン楽しみたいという人は、グラスワインを300円で注文できる。ワイン以外にも生ビールやハイボールなどのドリンクメニューもある。

 フレバルの時間は午後5〜9時。ちょうど会社員が仕事を終える時間で、仕事終わりのちょい飲みや、飲み会前にフレバルで少し飲んでいくという方も多いそう。

 食べ放題・飲み放題は1時間のため、45分ほど経つと、店員さんがラストオーダーの時間を知らせてくれた。サイドメニューも食べたせいでさすがにお腹いっぱいのため、追加注文はしなかった。「女性の方は平均、生ハムを3皿食べていかれますよ」と広報の遠藤さん。サイドメニューを頼まず生ハムのみなら、3皿はペロッといけそうだ。

 現在、このフレバルは都内の一部店鋪のみでの実施だが、今後は全国に展開していくのが目標。今回訪れた新富町店は、少し歩くとオフィス街。ファーストフード店特有の学生が集う雰囲気は皆無で、お客さんは会社員風の方ばかりの落ち着いた店内だった。そんな中、生ハムとワインをいただくのは非常にオツだった。

 生ハムはおいしいだけでなく、「オシャレなモノを食べている」という点の満足度も大きい。フレッシュネスバーガーでそんな欲求を満たせると、日々のちょっとした幸せが増えそうだ。

ah_fre18.JPG

姫野ケイ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事