ニュース
» 2015年03月13日 14時39分 UPDATE

シブヤン海に沈む戦艦「武蔵」の船体生中継 どう沈んだのかちょっとだけ判明

今後のさらなる調査が期待されます。

[ねとらぼ]

 フィリピンのシブヤン海で沈没した戦艦「武蔵」の船体の様子を、発見したMicrosoft共同創業者ポール・アレン氏が3月13日、自身のサイトで生中継。日本語版の配信もニコニコ生放送で行われた。

 放送では専門家の解説のもと、菊花紋章があった船首部分や衝撃で曲がったスクリューのほか、艦橋や測距儀、砲塔や砲弾などを次々に映し出していった。

武蔵 菊花紋章があった船首

 中継は、無人探査機を使って実施され、約2時間30分にわたって行われた。武蔵は1944年10月24日、魚雷や爆弾の直撃により左舷より転覆、2回の爆発を経て艦首より沈没したと言われている。調査によると、海底に到達する前に船首と船尾が分断。攻撃の激しさからダメージは大きく、上部構造物も分断され沈んでいることが分かった。


武蔵 曲がったスクリュー

武蔵

武蔵 操作室からお届け

武蔵 海底のようすを解説

武蔵

武蔵

武蔵

武蔵 ニコニコ生中継では日本語翻訳されて中継されていた

 アレン氏が所有する巨大ヨット「オクトパス」により、深さ1000メートルの海底で発見。3月3日に写真とともに発見の報告をしていた。発見した武蔵については日本政府と協力し、日本の伝統にのっとった方法で敬意を持って扱いたいとしている。

武蔵 中継最後にはクルーが黙祷を捧げるようすも写されていた

武蔵

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう