ニュース
» 2015年03月14日 13時58分 UPDATE

ドワンゴ、ネットユーザーに「TPP知財条項に対する緊急声明」への賛同呼びかけ

「ネットユーザーの二次創作活動の拠点」であるニコニコ動画の運営者として、賛同を表明した。

[ねとらぼ]

 ドワンゴは3月13日、「TPP(環太平洋経済連携協定)の知的財産権と協議の透明化を考えるフォーラム」(thinkTPPIP)の「TPP著作権条項に関する緊急声明」に賛同することを明らかにし、ネットユーザーにも賛同を呼びかけた

ah_tpp1.jpg

 TPPの参加交渉では、日本政府が「著作権保護期間の大幅延長」「著作件侵害行為の非親告罪化」において譲歩すると報道され、非親告罪化が二次創作に及ぼす影響を懸念する声も上がっている。thinkTPPIPの声明は、交渉の内容などが開示されていないことを憂慮し、十分な情報公開を行うことや、各国の利害対立の大きい知財条項を妥結案から外すことを求めている。thinkTPPIPはこの声明を西村康稔内閣府副大臣に渡したことを13日に会見で明らかにした。

ah_tpp2.jpg thinkTPPIPの<会見で公開された、西村副大臣に声明を渡す場面

 ドワンゴは、ネットユーザーの二次創作活動の拠点となっているニコニコ動画を運営していることから、情報公開、事態の慎重な検討と議論の場を求めて同声明に賛同すると表明した。ネットユーザーに対しても、ネット文化の危機的状況を打開するために同声明に賛同するよう呼びかけている。

 声明案にはほかにも一般社団法人インターネットユーザー協会(MIAU)、青空文庫有志一同、コミックマーケット準備会、クリプトン・フューチャー・メディアなど70以上の団体が賛同している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー