新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年03月17日 15時00分 UPDATE

怪盗キッド参上、『少年サンデー』のロゴが盗まれる事態に

ロゴがない状態で発売するのは、『少年サンデー』創刊56年の歴史で初。

[宮澤諒,eBook USER]
ロゴが盗まれた3月18日発売の『少年サンデー』16号 ロゴが盗まれた3月18日発売の『少年サンデー』16号

 3月18日発売の漫画誌『少年サンデー』16号(小学館)が、ロゴマークのない状態で発売されるという。ロゴマークがない状態で販売されるのは、「少年サンデー」創刊56年の歴史で初。

 「3月18日、日曜日の名を冠する雑誌の一番大切なものを頂きに参上します」と犯行予告を出しているのは、『名探偵コナン』の登場キャラクター・怪盗キッド。同様の犯行予告は、3月18日〜3月19日に掛けて東京・名古屋・大阪・札幌・福岡の5つの都市の主要電鉄(一部地域を除く)でも目にすることができるようだ。

掲出予定の犯行予告状 掲出予定の犯行予告状

 キッドはこれまでにも、鳥取砂丘コナン空港の巨大トリックアートなど4つのものを盗んでおり、3月14日に横浜マリンタワーのライトアップがジャックされた際、5度目の犯行予告が行われたという。

 「少年サンデー」16号には、リアル脱出ゲームの制作を手掛ける「SCRAP(スクラップ)」による謎解き企画が掲載。本誌1冊を丸ごと使っての謎解きになっており、謎を解いた人には、3月21日放送のテレビアニメ「名探偵コナン」の中で登場する通常とは違ったある“コト”が分かるようになっているという。

 また、一部報道では作者・青山剛昌さんが入院中との情報があり、こちらも詳報が少年サンデー16号で伝えられる予定となっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー