新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年03月18日 20時48分 UPDATE

テクノロジーで社会問題解決へ Googleの非営利団体支援プロジェクト「インパクトチャレンジ」が一般投票受付中

審査と投票で選ばれた団体に5000万円の助成金が提供されます。

[ねとらぼ]

 Googleによる非営利団体の支援プロジェクト「Googleインパクトチャレンジ」が、審査によって選ばれたファイナリスト10組を発表。現在、一般投票を受け付けています。

画像 Googleインパクトチャレンジ

 Googleインパクトチャレンジは、日本の非営利団体を対象にテクノロジーを活用してよりよい社会を作るアイデアを募集するプロジェクト。これまで世界5カ国で開催されており、日本は6カ国目。「世界をよくするスピードをあげよう」をスローガンに多くのアイデアが寄せられました。

 事前の審査によってファイナリストに選出されたのは、「ITスキル教育による若者の就労支援」「高齢者のための介護予防モバイルジム」「性的マイノリティが生きやすい社会づくり」など、さまざまな世代・コミュニティを対象にした10組。この中から、一般投票と審査員による審査で選出した4組それぞれに、5000万円の助成金とGoogle社員による技術アドバイスが提供されます。

画像画像

画像画像

画像画像

画像画像

画像画像

 各プロジェクトの詳細は、投票ページおよび各団体のサイトに記載されています。一般投票期間は3月16日から25日午後11時59分まで。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー