ニュース
» 2015年03月20日 14時04分 UPDATE

印象派の歴史的名画「印象、日の出」も来日 クロード・モネの作品を一挙展示する「モネ展」開催

印象派の巨匠の10代から80代までを、約90点の作品を通して鑑賞。

[ねとらぼ]

 印象派のルーツとなる名画「印象、日の出」が21年ぶりに東京へやってくる……! 印象派の巨匠クロード・モネの作品を一挙に公開する「マルモッタン・モネ美術館所蔵 モネ展 『印象、日の出』から『睡蓮』まで」が、9月19日〜12月13日に東京都美術館(東京・上野公園)で開催されます。

画像 クロード・モネ「印象、日の出」(1872年)※9月19日〜10月18日の期間限定出展 Musée Marmottan Monet, Paris (C)Christian Baraja

 同展では、フランス・パリにある「マルモッタン・モネ美術館」所蔵の作品を展示。マルモッタン・モネ美術館はモネが86歳で亡くなるまで手元に残した自身のコレクションを収めており、モネ展はこの大半を公開することで、彼の10代から80代までの画風の変遷を鑑賞できるようになっています。

 出展作品は約90点、うちおよそ7割がモネ自身の作品です。19世紀後半の芸術運動「印象派」の呼称の由来となった「印象、日の出」や「ヨーロッパ橋、サン=ラザール駅」「雪の効果、日没」と、同館からめったに貸し出されない「ド・ベリオ・コレクション」3点を特別展示。またモネの代名詞とも言える晩年の連作「睡蓮」も公開します。ほかにモネが愛用していたメガネやパレットなど身の回りの品もあり、モネを別の角度から知るいい機会にもなりそうです。

画像画像 左はクロード・モネ「劇作家フランソワ・ニコライ、通称クレルヴィユ」(1858年)、右は白内障手術後のモネの眼鏡。Musée Marmottan Monet, Paris (C)Bridgeman-Giraudon

 同展は、東京都美術館における東京展の開催後、2015年12月22日〜2016年2月21日に福岡展(福岡市美術館/福岡)、3月1日〜5月8日に京都展(京都市美術館/京都)、6月4日〜8月21日に新潟展(新潟県立近代美術館/長岡)として巡回する予定。「印象、日の出」は東京展で9月19〜10月18日、「ヨーロッパ橋、サン=ラザール駅」は東京展で10月20日〜12月13日のみの展示となります。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー