新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年03月28日 08時48分 UPDATE

「ドリフターズ」アニメ化 公式サイトも公開

黒王さまが御乱心かもしれません。

[ねとらぼ]

 ヤングキングアワーズ連載、平野耕太さんが描くマンガ「ドリフターズ」のアニメ化が進行している。それに合わせて公式サイトがオープンした。

ドリフターズ アニメ公式サイトオープン

 平野さんは自身のTwitterアカウントで、3月28日から開催の「コミケットスペシャルのジェネオンのブースにいくと面白いと思います」とコメント。なにかしらの動きがあると思われる。



 「ドリフターズ」は戦国時代のサムライや、ローマ時代の戦術家、西部開拓時代のガンマン、第二次世界大戦時の軍人など生死不明のまま消息不明となった人物が異世界に召喚されるアクション系歴史ファンタジー作品。独自の意志を持つ「漂流者(ドリフターズ)」と怨念に囚われている「廃棄物(エンズ)」が相対して、異世界の住民たちとともに戦うことになる。

 公式サイトには島津豊久、織田信長、那須与一、安倍晴明、オルミーヌといった「漂流者」側と土方歳三、ジャンヌ・ダルク、ジルドレ、アナスタシア・ニコラエヴナ・ロマノヴァ、ラスプーチンら「廃棄物」側の両陣営の登場キャラクターが描かれている。ちなみに「漂流者」の菅野直が搭乗するゼロ戦も小さく描かれている。

 「廃棄物」側の指導者となる黒王さまのTwitterアカウントもなぜか運用を開始。……なぜだ? なにげに権利表記にも「ENDStheBLACKLOAD」とあるので、このサイトの運用そのものが国王さまによるものなのかもしれない。単行本の最後にある「あとがきゆかいまんが黒王様御乱心」みたいなもの?



ドリフターズ まだ2ツイート

ドリフターズ 妖怪首おいてけ(島津豊久)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事