新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年03月30日 20時05分 UPDATE

生まれつき色覚異常を持つ人が専用メガネで初めて色を見た瞬間が感動的

君たちは毎日こんな美しい夕焼けを見ているの?

[たろちん,ねとらぼ]

 一部の色がほかの人と同じように認識できない色覚異常。そんな人たちに特殊なメガネを使って色を認識してもらう「Color For All」というプロジェクトが海外で実施されました。生まれて初めて色を見た瞬間の表情がYouTubeに公開されており、日本語の字幕もつけられています。

 色覚異常の多くを占めるのは赤と緑の区別がつかない「先天赤緑色覚異常」。緑の草原に赤い花が咲いているような景色も、ほぼ灰色一色に見えてしまうというものです。これは脳が色を認識できないのではなく、網膜の中の細胞が一部欠けているために起こるもの。新開発されたこのメガネには網膜に代わって色を区別してくれる特殊なレンズが使われており、色覚異常を抱える人でも赤と緑を見分けることができるようになります。

画像 草原に生えた赤い花が印象的な光景

画像 色覚異常の人にはこんな風に見えています

 メガネをかけた人たちは生まれて初めて見る色鮮やかな世界に驚いた様子を見せます。子どものころ、女の子らしい色調がわからなくてからかわれたという女性は、初めて見るピンク色を指差し「この色、今まで見えなかったのよ」と感動。別の男性は自分の子どもが描いた絵を見て「彼らが何度もクレヨンを出し入れしているのがなぜだか分かった。すごくいいね」と喜び、夕焼けを見ながら「あれは君たちが毎日見ているものなの? ねえ?」とつぶやきます。

画像 初めてピンク色を見た女性

画像 子どもがたくさんのクレヨンを使って絵を描いている理由が初めて分かったという男性

画像 グラデーションの鮮やかさに驚きの表情

画像 夕焼けの美しさを知ったのも初めてでした

 色覚異常を持つ人にとっては色のない世界が自分にとって当たり前の世界。自分と周囲の人が見ているものが違うと知っていても、あまり深くは考えていなかったという人もいました。ですが、今回初めて知った色の世界について「素晴らしい体験」と語っており、メガネを外したあとは「正直、ちょっとつまらないわ」とさびしそうな表情に。この取り組みは動画を通じて大きな話題になり、普段多くの人が当たり前に見ている「色」に対する新鮮な反応に胸を打たれたという人が続出しています。

たろちん

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ご応募お待ちしております。

IMALUという名は「生きてるだけで丸もうけ」というさんまさんの座右の銘から。

“バリュータイプ”の新ディズニーホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル」を一足先にチェックしてきました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事