新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年03月31日 11時44分 UPDATE

「パックマン」「ゼビウス」などバンダイナムコゲームスのゲームタイトルの利用を開放

国内のクリエイターへ全17キャラクター。バンダイとナムコの統合10周年記念で。

[ねとらぼ]
バンダイナムコゲームス パックマン

 バンダイナムコゲームスが今年、バンダイとナムコが統合して10周年を迎えることを記念して、バンダイナムコゲームスのカタログIPを国内のクリエイターへ開放するオープン化プロジェクトを4月下旬より開始すると発表した。

 「パックマン」や「ゼビウス」などバンダイナムコゲームスのゲームキャラクターが利用できる。スマートフォンアプリやブラウザゲーム、新規ネットワークデバイス分野への事業展開のアイデアなど、デジタルコンテンツの領域で活用してもらいたいという狙い。

 対象となるタイトルはほかにも「ギャラクシアン」「マッピー」「ギャラガ」「ドルアーガの塔」など全17タイトル。通常の版権許諾とは異なり、キャラクター監修は行わず、簡易的な企画審査のみでコンテンツ提供が可能となる。


バンダイナムコゲームス 対象となるタイトル

 コンテンツ提供可能なプラットホームや企画申請方法、ビジネスモデルなどの詳細は、決まり次第告知される。

バンダイナムコゲームスバンダイナムコゲームスバンダイナムコゲームス

(C)BANDAI NAMCO Games Inc.


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ねこ漫画「チーズスイートホーム」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー