新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年04月01日 07時00分 UPDATE

キャラ弁がもっと身近に、捗るミライ ふりかけでご飯に絵を描くプリンター「LunchBot」がお弁当作りの救世主かもしれない

「第8回ニコニコ学会β」の「研究してみたマッドネス」に応募された研究。

[高城歩,ねとらぼ]

 「第8回ニコニコ学会βシンポジウム」の企画「研究してみたマッドネス」に応募された研究の中に、お弁当づくりの救世主になりうる発表が応募されていました。ふりかけでご飯に絵を描くプリンター「LunchBot」です。



 「キャラ弁を作るためには洗練された技術がいるとの声を聞いてきました」と発表者の淺野義弘さん。たしかに不器用な人にとってキャラ弁作りは難関。「LunchBot」を使えば専用のソフトウェアで図版を制作しマシンに送信することによって、ふりかけが図版通りにご飯を彩っていきます。これはすごい!


画像 見た目がかわいいお弁当づくりが捗る!

 まず、専用のソフトウェアでご飯の上に描きたい模様を作成していきます。データはあらかじめ用意した画像から作ることが可能です。調整後、色ごとにG-Code(3Dプリンターへの直接の命令文)を生成します。


画像 専用ソフトウェアで模様を作成

画像 あとはプリンタにおまかせ

 3Dプリンタを改造して制作した本体にふりかけが入ったシリンジを取り付け、ご飯を設置。LunchBotとPCをつないでG-Codeを送信すれば、プリンタが自動的に模様を描いてくれますよ。


画像 おおっ……!

 現段階では単色でしか描くことができず、色を変えるためにはその都度シリンジを取り換えなければいけませんが、多色刷りやラテアートなどに対応した別ユニットの制作も進めているそうです。「失敗するたび白米を食べ続けなければいけないので大変ですが、頑張ります」とのこと。頑張ってください……! デジタルツールの「食」への活用、今後も注目していきたい分野ですね。


高城歩


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事