ニュース
» 2015年04月01日 22時31分 UPDATE

懸賞サイト「モニプラ」、ユーザーのTwitterアカウント利用し自社のエイプリル企画拡散 「勝手にツイートされた」「ウイルスだろ」などの声も

一応、ユーザーの同意のもと投稿していたようですが……。

[ねとらぼ]

 キャンペーン・懸賞サイト「モニプラ」がエイプリルフール企画で炎上し、お詫びとお知らせを掲載しています

 問題となったのは、モニプラが登録ユーザーのTwitterアカウントを使って発信した「4/1限定! #モニプラ新サービス #エイプリル」といったツイート。しかし自分のアカウントから突然身に覚えのないツイートが投稿されたことに驚いたユーザーも多く、たちまち「勝手にツイートされた」「ウイルスだろこれ」」といった声があがりました。





 モニプラの説明によると、問題となったツイートはどうやら、モニプラのエイプリルフール企画へ誘導するものだったもよう。しかしシステムの不具合から、本来記載するはずだったURLが記載されず、エイプリルフール企画だと分かりにくい形になってしまったそうです。


画像 実際に投稿されたツイートの例。本来はこれに、エイプリルフール企画のURLが入るはずでした(モザイク加工は編集部によるもの)

 しかし、それよりもユーザーが問題視しているのは「ユーザーのTwitterアカウントを使って、自社のエイプリルフール企画をツイートさせた」という点。モニプラの説明によると、ツイートは以前実施された別のキャンペーンに参加し、ツイートの予約投稿に同意した人のみ投稿されていたようですが、これについて「告知を行っていたものの、記載が分かりづらかったためユーザーの皆様に予約投稿の認識をお伝えしきれていなかった」と謝罪しています。

 モニプラでは今年、サイト名にちなんで「抽選で100名様に惑星(プラネット)当たる」というエイプリルフール企画を実施していました。





Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう