ニュース
» 2015年04月02日 08時00分 UPDATE

夢の秘密基地が実現! 宙に浮くテントがかっこよすぎる

地面が空いていないなら、空中にテントを張ればいいじゃない

[増山かおり,ITmedia]

 子どもの頃に誰もが一度は夢見る、木の上の秘密基地。その夢をかなえてくれるテントが実在した。それがこの「テントサイル」だ。テントの端3点を樹木や柱に結びつけることで、テントを浮かせて設置することができる。床の中央に出入り口があり、そこにはしごをかけて出入りする仕組みだ。


画像 今までテントを張るのが難しかったこんな場所にもイケる!


画像 テントの下で焚き火も

 一見頼りなさそうに思えるが、「3名用テントサイル スティングレイ」(13万8000円、税込)なら積載重量は最大400キログラム。大人3人と身の回り品、もしくは大人2人と子ども2人を収容することができる。


画像

 これを使えば、こんな夢のようなシチュエーションが現実に!


画像画像

 「2名用 テントサイル コネクトツリー」(10万8000円、税込)なら、ひとつのユニットを2人で利用するだけでなく、3つのユニットを連結して「トリコロジー」型にすることも可能だ。


画像 「2名用 テントサイル コネクトツリー」

 宙に浮くテントのメリットは、単に楽しさだけにとどまらない。地面の状態に関わらずテントを張れるので、地面がぬかるんでいる場所にも設置OK。雪山でも雪に直接触れることなくテントが張れるし、キャンプでも猛獣やヘビなどの敵から身を守るのにも役立つ。見かけだけでなく、実用性の点から見ても画期的なテントなのだ! 


画像


増山かおり

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう