新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年04月06日 19時20分 UPDATE

豚まんも藍に染めちゃった 倉敷のデニム専門店にある「デニムまん」に食欲が仕事しない

ほかにも「デニムソフト」「デニムバーガー」などいろんな食べ物がインディゴブルー。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 国内で初めてジーンズを生産した土地として知られる、岡山県倉敷市の児島地区。これにちなんだ同市の美観地区にあるデニム専門店「倉敷デニムストリート」では、デニムの定番カラーである藍色に染まった豚まん「デニムまん」という珍妙な食べ物が売られています。好奇心とは裏腹に食欲が湧いてきません。

画像 「デニムまん」――豚まんがジーンズのようにインディゴブルー!(写真提供:倉敷デニムストリート、以下も同じ)

 「倉敷デニムストリート」は2014年11月にオープン。店内で児島産のデニム商品や、デニム製のジーンズ、バッグ、小物などを取りそろえる一方、店頭でデニムをイメージしたさまざまな軽食を販売しています。

画像 「倉敷デニムストリート」店内。あらゆるデニム商品を取りそろえています

画像 そして店頭販売のフードもデニムづくしという徹底ぶり

 そのメニューの1つが「デニムまん」(350円、以下すべて税込)。クチナシの花を使って皮をインディゴブルーに仕上げ、中には黒豚肉のあんが入っています。青い肉まんといえば2011年にファミリーマートが発売した「スライム肉まん」なんてものもありましたが、それよりもずっと暗い青色。おせじにもおいしそうとは言えないです。

 デニムっぽいのは肉まんだけではありません。ブルーベリー&ラムネ味の藍色のソフトクリーム「デニムソフト」(380円)、藍色のバンズでハンバーグとキャベツを挟んだ「デニムバーガー」(350円)と、ほかにもあらゆるメニューがインディゴブルーとなっています。国産デニム発祥の地の狂気。

画像画像 「デニムソフト」(左)、「デニムバーガー」(右)

 「お客さんからは『気持ち悪い!』という反応が多いです(笑) お店としても“人が食欲を無くす色”と売り出しています」と同店の担当者。「倉敷はデニムで有名なところ。観光客のみなさんに楽しく倉敷を周ってもらおうと、旅のネタになりそうなメニューとして売り始めました」と開発経緯について話します。

 見た目に反して味は間違いないようで「みなさん口に入れると満足する」そう。暖かくなってからはデニムソフトが人気で、春休みに入って3日ほどで数百個売れたと言います。倉敷へ行った際はその目と舌とのギャップをもってして、デニムの町のご“藍”嬌を楽しみたいです。

店舗情報

「倉敷デニムストリート」

住所:岡山県倉敷市中央1

電話:086‐436‐6218

営業時間:午前9時30分〜午後5時30分(季節に応じて変更あり)


黒木貴啓


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ご応募お待ちしております。

IMALUという名は「生きてるだけで丸もうけ」というさんまさんの座右の銘から。

“バリュータイプ”の新ディズニーホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル」を一足先にチェックしてきました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事