新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年04月07日 14時24分 UPDATE

「横浜マラソン」、フルマラソンの距離が186.2メートル足りず公認コースとならず

なぜこうなった……。

[ねとらぼ]

 横浜市が3月15日に初開催した「横浜マラソン」で、フルマラソンと10キロが日本陸上競技連盟が規定する距離に足りず、公認コースとして認められなかったことが明らかになった。

横浜マラソン 終了しました

 赤レンガ倉庫や山下公園といった横浜の名所をめぐる約2万3000人が参加した大会で、今年はじめてフルマラソンを実施した。

 横浜マラソン組織委員会によると、フルマラソン(42.195キロ)で186.2メートル、10キロで94.1メートル足りなかった。大会当日に全コースを自転車計測した結果、誤差があることが分かったという。

 原因としてコースの距離を測定する際、一般道路およびふ頭内の道路については事前に計測できたが、高速道路については図面から測っただけだった。また、右折時の右車線走行ができなかったことも誤差となった。組織委員会では大会の4日後の3月19日に公式サイトで公認コースとならなかったことを知らせていた。

横浜マラソン 公認コースにならなかったことは分かっていました

 距離計測は通常、自転車計測およびワイヤー計測によるものと規定にあり、コースの最短距離(道路端から300ミリ)を計測することになっている。

 組織委員会会長の山口宏氏はコメントで「事前に準備しておりましたが、距離が短かったという結果になり、参加されたランナーの皆様には大変申し訳なく思います」と述べ、次回は日本陸連と協議し、対応を検討していくとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事