新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年04月07日 15時16分 UPDATE

仏教音楽と最新テクノロジーの競演! 高野山開創1200年を記念した3Dプロジェクションマッピングに召されそう

なにこれ召されそう。

[ちぷたそ,ねとらぼ]

 弘法大師空海による密教の道場建設から今年で1200年目を迎える高野山。そんな歴史のある高野山で、声明(仏教音楽)とプロジェクションマッピングとレーザーの競演「高野山1200年の光 -南無大師遍照金剛-」が催されます。これは召される(確信)。


画像

 「高野山1200年の光 -南無大師遍照金剛-」は、高野山開創(かいそう)1200年を記念する記念大法会(だいほうえ)の一環として5月12日から17日まで開催されます。高野山の中核となる金剛峯寺・壇上伽藍(だんじょうがらん)の根本大塔(こんぽんだいとう)を舞台に、仏教の伝統的儀式音楽である声明と、プロジェクションマッピング、レーザーによる声と光の競演を楽しむことができます! 期間中は午後7時20分と午後8時10分の2回の公演が予定されており、入場は無料ですが混雑状況により入場制限を行う場合があります。


画像 金剛峯寺・壇上伽藍の根本大塔


画像 プロジェクションマッピングイメージ。あ、ありがたい……

 総合演出はこれまでにも東京国立博物館でのインスタレーションや、奈良・明日香の高松塚古墳への360度プロジェクションマッピングなどの数々のアートプロジェクトを手がけている大阪のミックスメディアプロダクション「Cosmic Lab.」が手がけます。「高野山1200年の光 -南無大師遍照金剛-」以外にも4月2日から5月21日までの法会期間中には、ご本尊開帳や特別展示などが予定されています。日本の伝統芸能に歴史を感じて、最先端映像技術に驚かされる6日間。歴史の瞬間を体験しちゃいましょう!


ちぷたそ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー