新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年04月08日 14時09分 UPDATE

週刊大衆が「中吊り広告をやめた裏事情」を公開 「中吊り広告は、ある意味、言葉狩りとの闘いでした」

「おっぱい」が「ぱいぱい」になる謎変更もあったそうです。

[たろちん,ねとらぼ]

 週刊誌「週刊大衆」が電車内の中吊り広告を4月からやめたことを公式Twitterで発表しました。12回のツイートに分けて、その理由や裏事情を説明しています。

画像 週刊大衆Twitter

 週刊誌の中吊り広告は電車内ではおなじみですが、エロスやスキャンダルを扱う週刊大衆にとって「中吊り広告は、ある意味、言葉狩りとの闘いでした」とのこと。「『SEX』『女性器』『ヘアヌード』はダメ」「『おっぱい』が『ぱいぱい』になる、意味不明の変更もありました」などその実情を赤裸々に告白しており、「世間の皆様からしてみれば、バカバカしいとは思いますが、毎週毎週、真剣勝負をしていました」とつづっています。利用客からも「こんな下世話な言葉が並ぶ広告が公共の乗り物にあるのは、不快である」「満員電車の中での一服の清涼剤だった」など、さまざまな意見があったそう。

画像 週刊大衆最後の中吊り広告。その過激さや独特なセンスには根強いファンも多いですが、確かに公共の場に出すものとしてはアウトかも……?

 また、週刊大衆は昨今の出版不況についても「認めざるをえません」としており、「中吊り広告をやめることで雑誌不況の現状が一層喧伝される」ことも危惧しているようです。中吊り広告から撤退した背景には、こうした表現規制や出版不況などの事情があるもよう。紙の雑誌がネット媒体に移行するケースなども増えていますが、週刊大衆は「どんな形になろうとも、私たちは、面白いと思える週刊誌を、ひたすらに作り続けたい」としており、「こうしてツイッターで情報を発信することも、中吊り広告に代わる事の第一歩なのかもしれません」としています。

たろちん

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事