ニュース
» 2015年04月08日 14時59分 UPDATE

犬のアートづくし! 松濤美術館にて「人間の最も忠実なる友・人間の最も古くからの友 いぬ・犬・イヌ展」開催

人類最古の「友達」。

[珠里 友,ねとらぼ]

 犬派の皆様に朗報です! 松濤美術館(渋谷区)にて、4月7日から5月24日にかけて「いぬ・犬・イヌ展」が開催されます。渋谷区と言えば、待ち合わせのメッカである「忠犬ハチ公」でお馴染み。深い縁を感じますね。

画像 あらゆるタッチで描かれたワンちゃんが見れる!

 すっかり日常生活に溶け込んでいる「イヌ」ですが、その歴史は古く、一説によると1万5000年前から存在していたのではないかと言われています。人間と共に狩猟を行い、生活には欠かせないパートナーとなっていたそう。芸術面においても、世界中でさまざまな形で絵画や造形物として表現されてきました。

 今回の「いぬ・犬・イヌ展」では、約90点にものぼる作品が展示されます。普段ではなかなかお目にかかれない作品も!

画像 牛の埴輪かと思ったら、犬の埴輪でした。日本絵画に溶け込むワンちゃんも素敵

画像 昔の人も、隙あらばモフモフしていたはず

 入館料は一般1000円で、毎週金曜日は渋谷区民に限り入館料無料となっています(要証明書)。開館時間は10時から午後6時、金曜日は午後7時まで(入館は閉館30分前まで)、休館日は4月13日、20日、27日、5月7日、11日、18日です。

 もうひとつ、お得なサービスがあります! 「ぽち割」というもので、自分で撮影した犬の写真(L判以下のプリント済み)を持参すると、入館料が2割引になります。写真は館内の展示スペースで飾られます。是非とも、愛犬のかわいさ自慢をしちゃいましょう!

珠里 友

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう