新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年04月09日 16時45分 UPDATE

Googleが「ネタバレ警告システム」の特許を取得

ネットに溢れるネタバレ、将来は回避しやすくなる?

[ねとらぼ]

 「犯人は○○」「△△が勝つ」――ネットサーフィン中に思わぬネタバレに遭遇してしまった経験がある人は少なくないはず。けれども、将来的にはこうしたアクシデントは減少するかもしれません。Googleが米国時間の4月7日、“ネタバレ警告システム”の特許を取得しました。

画像 米国特許商標庁のDBより

 システム名は「Processing content spoilers」。こちらは、“ユーザーの状況”に応じてネタバレ警告を打ち出すというもので、SNSの投稿やサードパーティ・端末のログ(動画サイトで○話まで視聴した/電子書籍で○巻まで読んだ)などから各ユーザーにとって「ネタバレと思われる内容」を自動的に判断。そして該当する情報を非表示にしたり、「ネタバレを含む可能性があります 見る? 見ない?」などと選択肢を出すことが可能になるそうです。


画像 ネットに蓄積された情報を使用

画像 チャート

 現時点ではGoogleがこれをどのように活用するかは不明ですが、仮にFacebookやTwitterに導入された場合、ネットがより“快適”になりそうです。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事