新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年04月14日 09時49分 UPDATE

介護や福祉、作業現場などにロボットスーツはいかが? 大和ハウス工業が運用に向けて現場実証を開始

販売しています。

[ねとらぼ]

 大和ハウス工業は5月1日より、介護・福祉施設等向けにサイバーダインが開発・製造するロボットスーツの販売を開始する。また、「ロボットスーツHAL作業支援用(腰タイプ)」を建設現場等に導入し、作業負荷を低減するための現場実証を開始する。

ロボットスーツ

 下肢に障がいがある方や、脚力が弱くなった方の動作をサポートする「ロボットスーツHAL自立支援用(下肢タイプ)」と、膝や肘に装着し1.5キロと軽量で座った状態や寝た状態でも使用可能な「ロボットスーツHAL自立支援用(単関節タイプ)」、腰部にかかる負荷を軽減でき、腰痛などの身体に係るリスクを軽減する「ロボットスーツHAL介護支援用(腰タイプ)」の販売を開始した。

 装着者の皮膚表面から、生体電位信号を読み取り、装着者の思った通りに動作をアシストするもので、介護・福祉施設等に向けてリースレンタル販売している。

ロボットスーツ 「自立支援用(下肢タイプ)」のレンタル料金は月18万8000円(税別・5年レンタルの場合)。3サイズ用意しており、重量は約14キロ(バッテリー含む)、動作時間は約60分

ロボットスーツ 「自立支援用(単関節タイプ)」のレンタル料金は両側セットで初期導入費用40万円(税別)+月13万円(税別・5年レンタルの場合)、1サイズのみで制御部とバッテリーを除いて約1.3キロ、動作時間は約120分

ロボットスーツ 「介護支援用(腰タイプ)」のレンタル料金は、初期導入費用10万(税別)+月7万8000円(税別・3年レンタルの場合)、1サイズのみで重量は約2.9キロ(バッテリー含む)、動作時間は約180分

 腰部にかかる負荷を軽減でき、腰痛などの身体に係るリスクも軽減できる「ロボットスーツHAL作業支援用(腰タイプ)」は、コンパクトな軽量モデル(バッテリー含み約3キロ)のため、重作業でない場合でも装着したまま長時間作業を行うこともできる。動作時間は約180分。現場での実証期間を経て、2016年5月からの運用を目指す。

ロボットスーツ 「ロボットスーツHAL作業支援用(腰タイプ)」

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー