新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年04月14日 22時55分 UPDATE

原作者は現役医師 名古屋テレビで今春スタートした戦隊ヒーロー番組が謎の超クオリティ!

「ゆめクリワールド」がすごい。

[ねとらぼ]

 名古屋テレビ(メ〜テレ)で今年4月にスタートしたゆるキャラ×戦隊ヒーロー番組「ゆめクリワールド」がガチなクオリティです。


 毎週金曜日の午後6時56分から放送している短編番組(約2分)で、YouTubeでも公開されています。原作は現役の医師である片山道弘さん。片山さんは小児科「こどもゆめクリニック」(愛知県春日井市)の開業医で、以前からワクチン普及活動の一環として、架空の世界を舞台にした「漫画」「動画」「着ぐるみによるリアルヒーローショー」などを展開しています。


画像 !?


 内容は“元気をテーマに子供たちを守り戦う戦士たちの物語”。登場キャラはなんと約50体にのぼり、ゆるキャラから戦隊ヒーロー系まで多種多様。大別すると「森の動物たち」「超暗黒帝国ダルク(動物や子どもたちを病気にしようとする)」「超地球防衛戦隊セダ(正義の味方)」の3グループに分かれます。ただし、放送作品ではそこに片山先生や子どもら“実写パート”まで加わるため、約2分にもかかわらず情報量がエライことに。

 さらに、見逃せないのがアクションや視覚効果の完成度! 「オリジナルのヒーローものを作りたい」と夢見る人は少なくないと思われますが、それをこのレベルで実践した人はどれほどいるのか……。大事なことなので2回言いますが“原作者は現役の医師”です。現在公開されてる1話&2話と別に約9分の動画もあり、そちらも必見です。


画像 主人公格のペロンがハシカーン(敵キャラ)に捕まってしまう

画像 ナースレンジャーが救出へ

画像 アクション!

画像 ハシカーンが何者かを召喚

画像 ブラックレンジャー(闇堕ちした元正義の味方)現る

画像 ドリームレンジャー登場

画像 激しい戦いへ……(決着後は相手を蘇生させるべくAEDや救急車を手配する)

画像 公式サイト

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー