ニュース
» 2015年04月15日 16時06分 UPDATE

ケーブルレスで目線撮りが捗りそう! パナソニックから小型で軽量なウェアラブルカメラが誕生

小さいけれどもタフ設計。

[ねとらぼ]

 パナソニックより、フルハイビジョンモデルで小型で軽量な、カメラ/本体一体型スタイルのウェアラブルカメラ「HX-A1H」が5月21日に発売となります。


画像 「HX-A1H」。オレンジとブラックの2種類

 ケーブルなどがない一体型ウェアラブルカメラである「HX-A1H」は、本体ボディが質量約45グラムと小型で軽量。同梱のヘッドマウントを使えば、ハンズフリーで撮影が楽しめます。また、防水・防塵・耐衝撃・耐寒のタフ設計のため、水辺やウインタースポーツ、アクティブなシーンでも活躍しそうです。


画像画像画像 同梱されている「ヘッドマウント」や別売の「マルチマウント」などを取り付ければ撮影もさらに捗る

 ヘッドマウントは、左右どちら側にもカメラを装着可能で、簡単に着脱できるうえ、頭部への負担も少ないので長時間の撮影も可能とのこと。さらに、市販品の赤外線(IR)ライトを使えば、キャンプや夜釣り、ナイトサファリなど暗闇での撮影にも対応。さらに、パナソニック製のデジタルビデオカメラ(対応機種のみ)と連携することで、2つの映像を1つに同時記録できる「ワイプ撮り」も可能になっています。実売予想価格は3万円前後(税別)。


高城歩

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう