ニュース
» 2015年05月21日 18時00分 UPDATE

あのキャラに花束を:すいません師匠って呼んでいいですか 男が惚れる漢、5つのポイントを「俺物語!!」の剛田猛男に学べ!【PR】

全力で 生きる猛男に 男惚れ

[たまごまご,ねとらぼ]

 イケメン。モテますね。いいんじゃないでしょうか。

 だが、声を大にして言いたい。これからは男が惚れる男の時代だ! そして、「男が惚れるような男」こそがモテる! 顔じゃない!

 原作は別冊マーガレットで連載中、今期からアニメも始まった「俺物語!!」は、まったくイケメンじゃないゴリ面(ゴリラ面)男子の剛田猛男が恋をするラブコメディ。回を重ねるうちに、「猛男かっこいい……」という声が、主に男子から聞こえ始めました。

 猛男の友人、砂川いわく「おまえのこと嫌いなやつなんていんの?」。ぼくもそう思う。彼のこと嫌いな男子は、少なくともいないんじゃないか。女子だって……どうかな?

 剛田猛男の行動を追いながら、「男が惚れる男」5つのポイントを見てみましょう。





1:相手を率直に褒める

 「何かをはっきり伝えられる」のは、人間の魅力の一つ。「語らない」かっこよさもあるけど、やはり大事なことはしっかりと、真剣に話してほしいよね。

 特に「褒める」のは難しい。ついつい「なーんちゃって」をつけたりする。そんなのダメ絶対。真剣に「君はここが魅力なんだ」と感じるところを、口に出して言う。そういう人こそが、最も魅力的だったりするものです。

 お世辞ではなく、真剣に褒められてうれしくない人間はいません。猛男は、大好きな彼女の大和にも、友人の砂川にも、その他男にも女にも全員に、いいところを、まっすぐに褒めます。だめなところはきちんと叱ります。はっきり言ってくれる誠実さは惚れてしまうよね。


画像 (C)アルコ・河原和音/集英社
友人に、心の底からちゃんと「おまえはかっこいい!!」と伝える猛男。これを聞いて同じように「おまえもかっこいいから」と切り返す友人の砂川も、かっこいい(1巻82ページ)


2:誰かのために走ることができる


画像 (C)アルコ・河原和音/集英社
不格好だろうが、何かのために走る男は格好良いのさ(1巻155ページ)

 「走る」という行為は特別なんだ。だって「全力で何かを、してくれる」ということでしょう? なにか手伝ってくれる時でもいい。落とし物を届けてくれるときでもいい。待っているところに駆けつけてくれるだけでもいい。人のために「走れる」男は、かっこいい。

 正直、そりゃ足が速いほうがいいかもしれないよ。フォームがきれいな方がさらにいいかもしれないよ。けど多少不格好で笑っちゃうような走り方でも、感情を全て注いで走ってくれる男にゃ、ぐっとくるもんなのよ。その必死さは、思いの強さだもの。


画像 (C)アルコ・河原和音/集英社
4巻で、猛男に走り方を教えてもらっていたクラスメイトの女子。その失敗を笑顔でフォローする彼の姿(4巻125ページ)

 猛男は、脚が異常に速いです。もちろん彼の格好良さは「速さ」じゃなく「全力であること」です。しかし、クラスメイトの仲間が困っている時、それをフォローして自分の力を注ぐ姿は、男惚れせざるを得ない。リレーの時に転んでしまった女子に、がんばったことをねぎらい、その分走る。ああ、こんな笑顔、惚れるやろ……。



3:自分で決断ができる

 彼女のために何かした方がいいか? 友達のためになにができるか? 家族のためにどうすればいいか? 猛男はあらゆる「どうするべきか」の局面に立たせられます。何かを「決める」というのは非常に難しい。

 ここで聡明な答えを出せないのが、猛男らしいところ。基本不器用です。でも彼は、最終的には必ず決断を、自分の責任で下します。特に大きな決断だったのは、2巻で大和とデート中、友人砂川の親の手術があった時のことでしょう。砂川は「来るな、大丈夫だ」と言い、デートを完遂するように猛男に言います(いいやつだ)。

 しかし、彼は彼女の大和に気持ちの全てを打ち明け、親友・砂川の父の病院へと走ります。


画像 (C)アルコ・河原和音/集英社
好きな人が多くて、その優劣なんて付けられない。けれど決断し、自分の責任で守りたい人のところへ行く(2巻166ページ)

 彼はその他にも、母親の出産、砂川に恋した少女、自分のことを好きになったクラスメイトなどのために、走ります。そしてはっきりと決断し、言葉で伝えます。あまり多弁なキャラじゃないだけに、セリフ一つ一つが、決断と誠意の塊です。



4:「ありがとう」と言える。


画像 (C)アルコ・河原和音/集英社
一番言われたい言葉は「すまん」でも「ごめん」でもない、「ありがとう」(1巻167ページ)

 猛男はとにかく「好きだ」と「ありがとう」を何度も言います。正直「バカの一つ覚え」かもしれない。語彙(ごい)少ないし。

 「好きだ」はまあ大好きな大和への恋愛表現だとして、「ありがとう」って、なかなか言えない。最近「ありがとう」って目を見て言えてますか? ぼくは言えない恥ずかしい。

 つい「すまん」「ごめん」など言い訳になることが多い。メールでサンキューで済ませることもある。どうにも声で、面と向かって「ありがとう」は言いづらい、照れくさい。

 猛男は「ありがとう」の言葉は必ず言います。言えなかったら走って追いかけてでも言います。それが彼にできる、一番の気持ちの表現だから。

 あるクラスメイトの女の子に猛男が告白された時、彼は大和という彼女と付き合っているから断りました。そして言ったのです「ありがとう」

 自分を好きになってくれてありがとう。こんなこと大人になっても、真剣な顔でなかなか言えない。……師匠って呼んでいいですか。



5:上ばかり見ている

 猛男は作中では、決して「空気が読めて、人付き合いが上手い」人物ではありません。特に女子からは、見た目で後ろ指さされている。モテないのはわかっています。だからこそ最初、大和に好かれた時にテンパったくらい。

 自分の義を重んじ、人が困った時に手をさしのべ、幸せになってもらいたいと、がむしゃらにに駆け出す人間です。これが勘違い甚だしいことも多く、トンチンカンな方向に行くことも。

 でも、「空気を読まない」「芯の通った」人間だから、男女ともにみんな猛男が好きなんだよなあ。


画像 (C)アルコ・河原和音/集英社
猛男はいつも悩んでいる。でも悩めるのも彼の魅力(5巻85ページ)

 「空気を読まない」と「気を使わない」は意味が違います。彼はめちゃくちゃ気を使う人間です。しかし、彼が見ているのは高校生が周りの子達の間に感じている何かではなく、もっと空高くにある、広い考え方。高校生レベルの「空気」とケタが違う。大好きな大和のことを考えるときも、うつむいて下を見ない。星空を見ながら、幸せな未来以外を見ないし考えない

 ものすごい楽観主義者。いや、「楽観を作る使者」。それが猛男です。





 「女の子にモテたい」。男の子なら誰もが感じます。「※ただしイケメンに限る」。それもあるでしょう。でもそれだけじゃないんだよ。

 女にモテる前に、男にモテろ。さすれば、自然にみんなに愛される。

 きっとくるよ、「男が惚れる男ブーム」。ああ、猛男に褒められたい。励まされたい、微笑まれたい。この気持ちって一体……(トゥンク


「俺物語!!」は別冊マーガレットで連載中


たまごまご




eBookJapanで原作もチェック!


 アニメ「俺物語!!」は日本テレビほかニコニコ動画、Huluなどで放送・配信中(日本テレビでは毎週水曜25時29分から)。原作となったマンガはeBookJapanで読むことができます。



 剛田猛男(ごうだたけお)は高校1年生。身長2メートル・体重120キログラム(いずれも推定)。

 真っ直ぐで不器用で鈍感な猛男は、女子からはモテないけど、男子からは超モテモテ! 今まで好きになった子は、いつも幼馴染みで超イケメンの親友・砂川誠(すなかわまこと)の方を好きになってしまう。

 ある朝、猛男と砂川は通学電車の中で、痴漢に遭っていた女子高生・大和凛子(やまとりんこ)を救う。大和に一目惚れした猛男だけど……。







まだまだあるよ、アニメ化・ドラマ化作品

 「俺物語!!」以外にも、今期は「アルスラーン戦記」や「アイムホーム」などアニメ化・ドラマ化で話題の作品が多数。いずれもeBookJapanで原作本が配信中です。

 さらに5月29日(金)からは、2冊買えば1冊分が実質無料になる「50%ポイント還元キャンペーン」も実施予定。アニメやドラマで原作が気になった人は、この機会にeBookJapanで原作を読んでみてはいかがですか?



【アニメ化作品】




画像 「電波教師」(東毅/小学館) 読売テレビ系列にて毎週土曜17時30分から放送中


画像 「境界のRINNE」(高橋留美子/小学館) NHK Eテレにて毎週土曜17時30分から放送中


【ドラマ化作品】


画像 「アイムホーム」(石坂啓/小学館) テレビ朝日系列にて毎週木曜21時から放送中


画像 「天皇の料理番」(杉森久英/集英社/文芸) TBS系列にて毎週日曜21時から放送中


画像 「ようこそ我が家へ」(池井戸潤/集英社/文芸) フジテレビ系列にて毎週月曜21時から放送中



提供:株式会社イーブックイニシアティブジャパン

アイティメディア営業企画/制作:ねとらぼ 編集部/掲載内容有効期限:2015年6月3日




Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー