ニュース
» 2015年04月20日 09時07分 UPDATE

キスマイ玉森裕太主演「レインツリーの国」、11月21日公開決定

「阪急電車」「図書館戦争」シリーズの有川浩が贈るロングセラー恋愛小説。

[ねとらぼ]

 「阪急電車」「図書館戦争」シリーズの有川浩さんのロングセラー恋愛小説「レインツリーの国」が映画化となり、11月21日より公開されることが決定した。

 「図書館戦争」シリーズ第2弾「図書館内乱」(角川文庫刊)の中に登場する架空の小説を実際に著者が作品化。映画初主演のKis-My-Ft2の玉森裕太さんと映画初出演となる西内まりやさんが共演。片岡愛之助さんが医師役として特別出演する。

レインツリー

 きっかけは「忘れられない本」。主人公の向坂伸行(玉森裕太)は、高校時代に大好きだった「フェアリーゲーム」という本について何気なくネットを検索していたところ、“レインツリーの国”というブログを見つける。そこに書いてある感想に共鳴した伸行は、管理人のひとみ(西内まりや)にメールを送る。数日後、奇跡的にひとみから返信が届き、パソコンを通じて2人は繋がる。伸行は、ひとみに「直接会いたい」というが、彼女はどうしても会えないと言う。頑なに会うのを拒む彼女には、伸行に言い出せない秘密があった……。


レインツリー

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう