新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年04月20日 12時42分 UPDATE

「open」と「close」が入れ替わる? 歯車とタイポグラフィーを組み合わせた不思議な看板

……!

[太田智美,ねとらぼ]

 営業中かそうでないかを示すサインとしてよく用いられる「open」と「close」。そんな何の変哲もないサインに、はっとさせられる動画が話題になっています。



 この作品は、歯車機構とタイポグラフィーを組み合わせたシンプルな仕組み。「open」と書かれた歯車をくるくると回すと「close」に、「close」と書かれた歯車をくるくると回すと「open」になります。「え、どうなってるの?」と一瞬目を疑いますが、見れば見るほどよく考えられた秀逸な作品であることが分かります。

 制作者はプロのパフォーマーとして活動している池田洋介さん。近所のお店にあった「open」の看板を見て「これがendになれば舞台で使えそうだなぁ」と思いスケッチをしているうちに、「closeなら作れる」とひらめいたそうです。その後、機構を考えるのに半日、製作に1日かけて今回の作品が生まれました。

 しかし、「open」には「closed」を用いるのが文法的には正解。池田さんは動画を投稿した後も、どうしたら「closed」にできるかを考えていました。そこで新たなアイデアが。3つめの歯車を設置し、「open」のときは「d」を隠すという設計を提案しています。さらにこれを応用すれば、時間の表記も追加できるようになります。


画像 3つめの歯車を設置し、「closed」に

画像 「隠す」というアイデアを使えば時間の表記もできるようになります

 「open」と「close」。どこにでもよくあるサインですが、こんなアイデアがあったらお店の前を通るたびにわくわくしそうです。

太田智美

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事