ニュース
» 2015年04月22日 19時13分 UPDATE

千曲川に出現した謎の石像、製作者を書類送検 動機は「得意な工作の趣味が高じた」

憶測を呼んだ石像のモデルもオリジナルだったことが分かりました。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 今年2月に話題になった、長野県上田市の千曲川(ちくまがわ)河川敷に発生した謎の石像(関連記事)。出現した2011年からずっと製作者がわからず、モデルや製作理由なども不明だったのですが、4月22日に上田警察署が本人を書類送検したと発表。あわせてさまざまな事実が明らかになりました。

画像 話題の石像。製作者、モデルなどが不詳で注目を集めていました

 製作者は上田市内に住む55歳の男性、職はアルバイト従業員。今年3月上旬に例の石像へ敷石1個を新たに設置したため、河川管理者である国土交通大臣の許可を受けずに河川敷へ工作物を新築したとして書類送検されました。

 同警察署の酒井副署長によると、男性は製作した理由について「工作することが得意で、趣味が高じて作ってしまった」という趣旨の話をしたとのこと。あらゆる憶測を呼んだ石像のモデルについても、アニメのキャラなど特に何かをまねたわけではなく、自分で発想したオリジナルであると説明したそうです。

画像 2011年に出現した際は、これほどしか出来上がっていませんでした

 また製作は「昼間は人の視線があって製作に集中できないから」と夜間に行っていました。2011年以降、国土交通省・千曲川河川敷事務所がパトロールを週2回日中に行い続けて1度も製作現場に遭遇しなかったのは、こちらが理由と考えられます。

 同事務所は2月2日、事故の危険性があるとして石像の周りにバリケードを設置。石像自体は近くに撤去される予定です。


黒木貴啓


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー