新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年04月24日 10時30分 UPDATE

ねとめし:こんにゃくって凍らせていいの!? ネットで話題の「氷こんにゃく」は本当にお肉の代わりになるのか

まさかこんにゃくを冷凍するときが来ようとは……。

[池田園子,ねとらぼ]

 一部で話題沸騰中の「氷こんにゃく」。一般的に、水分を多く含む食材は、凍らせると水分が抜けてスポンジ状になってしまうため、冷凍に適さないとされる。こんにゃくを冷凍するなどもってのほかだと思っていた。

 ところがこんにゃくを冷凍すると、なぜかお肉そっくりな食感になるのだそう。人気のNAVERまとめ「【氷こんにゃく】なんちゃって肉ヽ(゚ロ゚;)のレシピ集」によると、「凍らせることにより水分が抜け、お肉のような弾力のある食感に変わる。そのためお肉の代用品として使われることもある」とのこと。ネット上で「氷こんにゃく レシピ」と検索すると、「えっ、こんなものまで!?」と驚くような料理が多数ヒットする。

 この存在を知ったときにはアッチョンブリケという感想しか持てなかった。こんにゃくは肉を超えるのか。少なくとも同等のものにはなり得るのか。いくつも「?」が頭に浮かんだが、作ってみないと分からない。今回は上記のNAVERまとめを参考にしつつ、氷こんにゃく作り+2種類のレシピに挑戦してみた。


画像画像 「こんにゃくのソテー」と、「白菜とこんにゃくの味覇(ウェイパァー)煮込み」


切って丸1日冷凍するだけ

 用意する食材はこんにゃくのみ。用意した2つのこんにゃくを軽く水洗いし、用途に応じてそれぞれ違う形に切る。切ったこんにゃくはタッパーに入れ、冷凍庫へしまう。ここまでの下準備は5分以内で完了だ。


画像 まずはこんにゃくを用意

画像 1つはサイコロ状にカット

画像 もう1つは薄切りに

画像 タッパーに入れて冷凍庫へ


 1日後。冷凍庫からこんにゃくを取り出すと、当然カチカチに凍った状態だ。特にサイコロ状に切ったこんにゃくは、灰色の液体を凍らせた物体のように見える。おいしくなさそう! これらに熱湯をかけて解凍した後は、キッチンペーパーで水気をしっかりとる。


画像 丸一日凍らせた状態

画像 カチンコチン

画像 熱湯をかける

画像 キッチンペーパーで水気をとる

 この日のためにキッチンペーパーを4ロール買ってきたのだが、意外とたくさん消費する。1ロールの1/2〜3/4くらいは使うと見ておくほうがいいかもしれない。それほど水気はなかなか取れないのだ。一方で、水気をとりすぎると、ゴムのような食感になってしまうというから注意が必要だ。


画像 こんにゃくとは思えないくらいパッサパサになった


水気のとり方が甘かった……

 さて、準備ができたところで、2種類のレシピに挑戦する。普段であれば肉を使うところを、氷こんにゃくにそのまま置き換えてみる。まずはソテー、とは言っても本当にシンプルで、オリーブオイルで裏表を焼き、塩コショウを振るだけのものだ。


画像 いつもなら肉を焼いているところ

 フライパンに並べてジュージュー焼いていると、一体自分は何を作っているんだろうと思えてくる。何と言っても、油で焼かれているのがこんにゃくだから。どう見ても違和感は拭えない。戸惑いながらも完成した「こんにゃくソテー」は、焼肉でいうところのホルモンのような食感。


画像 ソテーにしてみた

 ただ、もう少し水気をとるべきだったと思う。薄く切ったものはそれほどでもなかったが、厚めに切ったものからは、口の中で噛んだ瞬間に、水分がぷしゅっと出てきていたからだ。水気をどれだけ切るかの調整は、なかなか難しいなと感じた。



どうしても「ホルモン感」はなくならない

 もう一種類は筆者がよく作る「白菜と豚肉の味覇(ウェイパァー)煮込み」。冷蔵庫内のメンバー次第で、えのきやエリンギが加わることもあるが、今回は白菜のみとする。ここで豚肉の代わりに用いたのが、サイコロ状に切った氷こんにゃくだ。上記レシピでこんにゃくが水気とり不足だった反省を踏まえ、できる限り水気をきってから鍋に投入した。


画像 白菜と豚肉の味覇煮込み風

 その効果もあってか、身がキュッと締まり、肉っぽさが増したように感じた。ただ肉っぽい食感とはいえ、噛むとぐにゅぐにゅする「ホルモン感」は抜けない。また、個人的には氷こんにゃくは肉を超えることはできないと感じた。やはり「肉(ホルモン)もどき」ではなく、正真正銘の肉を食べたい。こんにゃくは凍らせても肉にはなれない。

 もともと特徴的な食感を持つ食材であるから、凍らせて状態を変質させても、ホルモンっぽさはなくならない、ということだろうか。そのあたりは2種類のレシピに挑戦してみたものの、よく分からなかった。ホルモン以外の「普通の肉」っぽい食感にもなり得るのだろうか。うまくいった方は編集部までコツをお寄せいただけると幸いである。


池田園子



Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事