ニュース
» 2015年04月24日 22時00分 UPDATE

里子となった少女が家族に愛されず最後には…… 切ないショートフィルムに込められたメッセージが深い

ひとつの命と暮らすということ。

[たろちん,ねとらぼ]

 ある家族に里子として引き取られることになった1人の少女を描いた短編映像「Gift」が、YouTubeで公開されています。切ない物語に込められたメッセージが深いです。

 両親と1人娘の3人家族に引き取られることになった少女。温かく歓迎された少女はすぐに家族と打ち解け、仲良く公園に遊びに行くなど幸せな時間を過ごします。

画像 ある家族に引き取られることになった少女

画像 歓迎され幸せな時間を過ごします

 ところが娘の誕生日パーティの日、娘の飲んでいたジュースが気になって手を伸ばした少女は、うっかりそのジュースをこぼしてしまいます。激しく叱責され、次第に家族からの愛情を失っていく少女。かまってもらおうと家族に近づいても「邪魔するな」と冷たくあしらわれ、1人で遊んでいれば「散らかすな!」とまた怒られます。

画像 家族からの扱いも次第に冷たいものに

画像 既に少女の居場所はその家にありませんでした

 ある日、少女は車に乗せられ、遠く離れた山奥へと連れて行かれます。少女を車から降ろすと、父親は少女のお気に入りのぬいぐるみを遠くに向かって思いきり放り投げてしまいます。そして少女がそれを走って取りに行っている間に、車を発進させてその場を走り去ってしまう父親。その場に残されていたのは少女……ではなく、飼い主に捨てられた1匹の犬でした。

画像 見知らぬ山奥に少女を置き去りにする父親

画像 すべて飼い主に捨てられた1匹の犬を描いた物語でした

 飼い主にもらわれ、そして捨てられてしまった飼い犬を、人間の少女の姿として描いたこの物語。ペットを軽はずみな気持ちで飼い始め、簡単に捨ててしまう飼い主への注意喚起として制作されたもので、地球上にあるすべての命が贈り物であり、大切な価値があるというメッセージが込められています。

たろちん

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー