ニュース
» 2015年04月24日 20時22分 UPDATE

早川書房が社員向けに「銃器講習」を開催 ……何が始まるんです?

本作りに欠かせない知識なんだそうです。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 早川書房が社員を対象とした銃器講習を行ったことをTwitter上で発表し、話題になっています。日本の企業なので銃を撃つことを目的にしたものではありません。SFやミステリー小説などで有名な出版社だけあって、銃器に精通していないと仕事にならないんだそうです。会社によって、必要な知識ってぜんぜん違うんだなー。



 講習は社員の私物のモデルガンを使用して行われました。内容は銃の種類によるリボルバーの違い、サイレンサーの実用性などかなり本格的です。銃についての知識は編集や装丁、校閲など本作りの至るところで必要なため、新入社員は絶対参加。編集者だけでなく、デザイナー、校閲などさまざまな部署の人が講習を受けました。

 今回はハンドガンのみの初心者向け講習でしたが、次回は長物(ライフルのような銃砲身の長いもの)の講習が行われるそう。なにこのミリオタには最高の会社。



画像 講習のためのモデルガンを、社員の私物で用意できるのもすごいな

マッハ・キショ松


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー