新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年04月27日 21時10分 UPDATE

「移住してくれたら子牛1頭あげるよ!」 鹿児島県三島村の移住支援がユニークだと話題に

各種助成金の支給や花嫁探しのお手伝いもしてくれます。なにこれ住みたい。

[たろちん,ねとらぼ]

 鹿児島県の離島にある三島村が、村の人口減少対策として行っている移住者支援。その内容がユニークだと話題になっています。

画像 三島村「移住してくれた人にはもれなく子牛1頭プレゼント!」

 竹島、硫黄島、黒島などの離島からなる三島村は、現在人口約400人程度。成長して村を出て行ってしまう若者が多く、過疎化と高齢化に歯止めをかけることが課題となっています。そこで村が行っているのが、三島村に移住した人には「子牛1頭(もしくは50万円)」を支給するという支援政策。三島村の黒毛和牛は市場での評価が高く、畜産が村の重要な仕事となっていることからこうした支援が行われているようです。

画像 さまざまな支援制度も充実

 また、1人世帯で月額8万5000円、夫婦世帯で月額10万円の生活助成金が3年間支給され、3DKの一戸建て村営住宅に家賃1万5000円〜2万3000円で入居可能。子育てや仕事面においてもさまざまな助成金や融資制度があり、独身青年の花嫁探しのためのデート代を補助するというユニークな「花嫁対策事業」も行っています。

 世帯の代表者の年齢が55歳以下で、三島村に移住して自立または自営の目的を持った人が対象。便利な都会に慣れた人でも離島暮らしが魅力的に見えてくるような好条件だと、ネット上で話題になっています。

たろちん

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー