新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年04月29日 12時43分 UPDATE

アートがいっぱい!「スター・ウォーズ展」六本木ヒルズで6月28日まで開催中

六本木に強いフォースを感じる!

[ねとらぼ]

 2015年は「スター・ウォーズ・イヤー」。12月18日には待望のエピソード7「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」が日本でも公開され、ファンならずとも大盛り上がりしています。

 そこで、エピソード1から6までを、アートとともにおさらいしてみませんか? そんなイベントが六本木ヒルズ展望台 東京シティービュー内スカイギャラリーにて開催されています。その名も「スター・ウォーズ展 未来へ続く、想像のビジョン」。4月29日ら6月28日まで開催のこのアートイベントを紹介しましょう。




スター・ウォーズに関する貴重なアイテムとよりすぐりのアートが集結

 会場に入るとまず目に入るのは、巨大なダース・ベイダーのアートとデス・スターの模型、そしてそれを取り囲むように配置されたストーム・トルーパーのアート群。中央にはダース・ベイダーもいます。このエリアでは15分に一度、光と音の特別演出も行われます。窓の向こうに東京を一望できるエリアで、夜景と一緒に見るととてもきれいです。


画像 最初のエリア「Introduction」ではダース・ベイダーがお出迎え

画像 ダース・ベイダー卿

 会場は大きく6つの切り口で構成されています。スター・ウォーズの原点を探る「The Original Vision」、ジェダイとシスのフォースを、映画で実際に使われたライトセーバーで表現する「Vision of Force」、各エピソードでの戦いを精密な模型で表現した「Vision of Battle」、ダース・ベイダーをはじめ、映画で使われたコスチュームとアートを展示する「Vision of Saga」、そして特徴的なクリーチャーやドロイドを紹介する「Vision of Galaxy」「Vision of Droid」。


画像 「Vision of Battle」ではフォースのライトサイドvsダークサイドの対決を「ライトセーバー」で表現

画像 「Vision of Battle」では精巧に作られたモデルで、スター・ウォーズ世界の戦争を表現

画像 「Vision of Saga」では、劇中で使われた本物のコスチュームを含む貴重なアイテムが展示されています

画像 「Vision of Galaxy」「Vision of Droid」では、スター・ウォーズが作り出したクリーチャーの世界を存分に味わえます

画像 もちろん、この2人も登場。エピソード1から6の全てに登場するC-3POとR2-D2がこれまでを振り返る特別映像も公開されます

 今回の展示では、それぞれ貴重なアイテムだけでなく、シド・ミードや天野喜孝といったアーティストたちが、スター・ウォーズの世界に独自の解釈を加えた「アート」が多数展示されているのも大きな特徴です。これらのアートは、ジョージ・ルーカス監督が考案した機関、「ルーカス・ミュージアム・オブ・ナラティブ・アート」が所蔵するもの。今回のイベントの主役でもあります。


画像 ファイナルファンタジーシリーズでおなじみ、天野喜孝氏による「ベイダー」。このようなアート作品が多数展示されています

 そのほか、スター・ウォーズ展スペシャルショップもあり、東京会場限定、および先行発売グッズも多数取りそろえられています。イウォーク族の代表、ウィケットの4分の1サイズの人形や、名シーンを描いたアートデリなど多数のグッズが購入できます。


画像 ウィケットのぬいぐるみと公式図録

画像 登場するキャラクターが描かれたアートデリも多数展示されています

画像 妙に懐かしい記念メダルも。もちろん名前を打刻することもできます

 「スター・ウォーズ展 未来へ続く、想像のビジョン」は六本木ヒルズ展望台 東京シティービュー内スカイギャラリーにて、4月29日から6月28日まで開催中。入場は一般1800円、高校、大学生が1200円で、午前11時から午後10時まで。期間中は屋上スカイデッキ(入場料別途500円)にてダース・ベイダーのフォトロケーションが展示されるだけでなく、六本木ヒルズ内各所で関連展示が行われます。

 2015年12月18日に公開される「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」を皮切りに、エピソード8以降だけでなく、エピソード3と4の間を描くスピンオフ作品「Rogue One」(日本公開2017年1月28日予定)もあり、スター・ウォーズの世界はまだまだ広がり続けます。まだスター・ウォーズを見たことがない人も「スター・ウォーズ・イヤー」のお祭りに参加しないと損。まずはきっかけを作るために、このイベントからスター・ウォーズ“沼”に漬かってみてはいかがでしょうか。


画像 夜になるとこんな光の演出も

画像 スカイデッキにもダース・ベイダーが。記念撮影ができます

画像 六本木ヒルズ内でも各種展示が。これはストーム・トルーパーのヘルメットをモチーフにした「トルーパー・ヘルメットアートディスプレイ」

画像 中にはこんなぎりぎりなトルーパーも。六本木ヒルズのウェストウォーク2F、南側吹き抜けもチェックをお忘れなく

写真:(c) & TM Lucasfilm Ltd.


宮田健


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事