新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年05月06日 17時25分 UPDATE

「年齢は関係ない」――アニメファンを「卒業」しないドイツの大人たちに会ってきた

ドイツ最古のアニメファンクラブが主催するイベント「アニメマラソン」。そこは30代や40代の「大人」なアニメファンが集まる落ち着いたイベントだった。

[Kataho,ねとらぼ]

 海外のアニメファンといえば、高校生や大学生がコスプレで盛り上がっている光景を思い描く方も多いのではないだろうか。就職などをきっかけにアニメファンを止めてしまう人も多いというが、一方で、アニメファンを「卒業」しない人たちもいる。今回は、そんな「卒業しない」アニメファンたちに会うために、5月1〜3日に開催されたアニメコンベンション「アニメマラソン」を訪れた。

ah_marathon1.JPG 入り口に掲げられた「アニメマラソン」のバナー

 今年で17回目の開催を迎える「アニメマラソン」は、ドイツ北部ニーダーザクセン州ブラウンシュヴァイク近郊のケーニヒスルッターという小さな町のホテルが会場となる。イベント名が示すように、プログラムは金曜日の夕方から日曜日の夕方まで48時間ノンストップで実施され、参加者の多くはホテルに宿泊する。今年は1800人が参加した(3日間のべ、日帰り参加者含む)。

ah_marathon2.JPG 会場となったケーニヒスルッターのホテル「アヴァロン」

 「アニメマラソン」を主催する運営母体は1997年に設立されたというドイツ最古のアニメファンクラブ「アニメの友達」。200人ほどが会員登録しており、主な年齢層は30代だという。会員同士の交流を目的とした宿泊型イベント「アニメマラソン」の実施のほか会報誌「FUNime」を発行している。

ah_marathon3.JPG マスコットキャラのアリはクラブ名の略称「Anime no Tomodachi」が「ANT」(英語で「アリ」)になることにちなむ)

 「アニメマラソン」はアットホームな雰囲気が売りという。会場のホテルに入ると、他のアニメ・コンベンションでありがちな若者が走り回っていたり、声高らかに歓談していたりというのはあまりない。目につくのは大人だ。男女を問わず30代や40代で、とても落ち着いた雰囲気だ。アニメファンなのか一瞬疑ってしまいそうになるほど年配の方や子どもと一緒に来ている参加者も見かけた。

ah_marathon4.JPG リズムゲームに夢中の少女は叔母に連れて来られたとのこと
ah_marathon5.JPG 熱心にプロブラム一覧を見ている年配の参加者

 イベント・プログラムは、ステージのある大ホールでコスプレコンテストやクイズ大会が開催され、会議室では各種ワークショップが実施される。過去ドイツで発売された漫画をほぼ網羅したという「漫画図書館」やアニメソングが歌えるカラオケ部屋もにぎわっていた。会場はいわゆるリゾートホテルで、温水プールや地下にはボーリング場を備え、それらもドイツ各地から集まった「同志」の交流の場となっていた。

ah_marathon6.JPG 参加者が出品するフリマも大盛況

 「アニメマラソン」実行委員長のジェニーさんに聞いたところ、イベント参加者の年齢は年々高くなる傾向にあるという。以前は子どもが親を連れてくるケースが多かったが、最近は親が子どもを連れてくる場合も増えている。親子でアニメファンというパターンだ。小さな子ども連れの参加者に配慮するため、今年初めて「オタク・ミニ・クラブ」を設置した。これは託児室で、ドイツのアニメファンイベントとしては初の試みとなる。

 ジェニーさんがアニメファンになったきっかけは「美少女戦士セーラームーン」。ホテル業界で働く彼女は、アニメを入り口に日本を知り、趣味でも仕事でも世界が広がったと話す。出産時は一時アニメを見る時間が減ったが、最近は増えたグッズをアニメ別にコーナーを設けて飾るのが楽しいのだという。

ah_marathon7.JPG 託児室「オタク・ミニ・クラブ」にて。写真左がジェニーさん

アニメファンに「年齢は関係ない」

 アニメファンを「卒業」しようと思ったことはないのだろうか。会場で見かけたさまざまな参加者に話を聞いてみた。

 アーニャさん(38歳)とゾーニャさん(45歳)は「アルプスの少女ハイジ」を見て育ち、「セーラームーン」でアニメファンになった。仕事を始めると収入が増え、グッズをたくさん買えるようになった。夫とはアニメファンイベントで出会い、今は子どももいるが、アニメファンを止めようとは一度も思わなかったそうだ。

ah_marathon8.JPG オークションにグッズを出品するアーニャさんとゾーニャさん

 「ルパン三世」のような大人向けの作品が好きと語ってくれたのはマルクスさん(49歳)。古い作品では「花の子ルンルン」や「きまぐれオレンジロード」が好きだという。

ah_marathon9.JPG 物販エリアのマルクスさん

 ハンブルクから来ていたパトリックさん(30歳)はガンダムシリーズのファン。ガンダムが作られ続ける限りアニメファンは止めないと熱く語ってくれた。

ah_marathon10.JPG ガンプラが趣味というパトリックさん

 息子のフィン君(6歳)もアニメファンだというスヴェンさん(38歳)はセーラームーンの画集を持っていると誇らしげに話してくれた。お気に入りはセーラーマーキュリー。親子で「ONE PIECE」のファンだそうだ。一緒にいたジェシカさん(29歳)も、アニメファンをやめることは考えられないという。週末はいつもアニメを見て過ごしているそうだ。

ah_marathon11.JPG スヴェンさん(右)、フィン君、ジェシカさん

 以前はメタル音楽のファンだったというオラーフさん(50歳)は、アニメファンであることは個人の自由で、年齢は関係ないと話してくれた。現実世界では紛争など悲しいニュースが多いが、アニメの世界は平和なのがいいという。

ah_marathon12.JPG オラーフさんの好きなアニメは「神様はじめました」

 アニメの絵は美的に優れていると話してくれたアンディさん(30歳)は、会場にいたイラストレーターにスケッチブックへのイラストをお願いしていた(1枚20ユーロ)。何年もかけて集めたイラストはスケッチブック8冊にもなるらしい。

ah_marathon13.JPG アンディさんの好きなアニメは「ゼロの使い魔」

 会場には、日本の鉄道模型の製作を楽しめるブースも。もともと鉄道模型のファンだったという担当者のカイさん(38歳)は、日本の新幹線を見てからは日本の鉄道模型一筋だという。鉄道模型は初めてというマティアスさん(61歳)もアニメファンだ。

ah_marathon14.JPG 「銀河鉄道999」仕様の車両を見せてくれたカイさん
ah_marathon15.JPG 「攻殻機動隊」が面白いと話してくれたマティアスさん

 彼らにとって、就職も出産もアニメを「卒業」することにはつながらない。むしろ歳を重ねるごとに深みを増している。ドイツのアニメファンの年齢層はどんどん広がっているようだ。そして「アニメマラソン」は同年代のアニメファンが語らいあえる場所でもあった。皆さんもこの時期にドイツを訪れる機会があったら、彼らとともにホテルに泊まって徹夜でアニメ談義に花を咲かせてみてはいかがだろうか。

著者紹介

Kataho:ドイツ、フランクフルト在住のアニメ・ボカロ好き。日本文化を通じたドイツと日本の交流に興味があり、ドイツ各地の日本イベントに参加(Twitter:@sakaikataho


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー