ニュース
» 2015年05月09日 08時00分 UPDATE

スマホが飛ぶだと……!? スマホ搭載型ドローン「PhoneDrone」 Kickstarterに登場

リアルタイムな操作や自動飛行で、空中から動画や写真が撮影できます。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 アメリカでドローン開発・販売を行っている企業「xCraft」が、スマホを搭載し、写真や動画撮影ができるドローン「PhoneDrone」の出資をKickstarterで募っています

 操作にはもう1台のスマホが必要。「PhoneDrone」にスマホを1台載せ、専用の無料アプリをもう1台のスマホにインストールして操作します。Android、iPhoneどちらでも利用可能。


画像

画像 スマホをドローンに載せて、空撮できる「PhoneDrone」

 手元のスマホからリアルタイムに操作できるだけでなく、操作用のスマホを追跡させたり、コースを設定して飛行させたりすることもできます。また、バッテリーが低下すると、自動的に戻ってくるようになっています。

 フライト時間は20〜25分。使用例として、スポーツやレジャーの様子を空中から撮影する、建物をさまざまな角度から撮影するケースなどがあげられています。長〜い自撮り棒としても使用できるそう。


画像 アプリ上で、リアルタイムにドローンからの映像を見ながら操作したり……

画像 コースを設定して飛行させることなどができます

 目標金額は25万ドル。出資は9ドルから受け付けており、「PhoneDrone」本体を受け取るには199〜749ドル出資する必要があります。受付開始から10日ほどで300名以上もの出資者が現れるほど人気を集めており、199ドルのプランは売り切れています。


マッハ・キショ松


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう