ニュース
» 2015年05月09日 16時00分 UPDATE

母の日は広く晴れる 台風6号の動向は

フィリピンの東にある台風6号は、非常に強い勢力で西北西に進んでいます。12日には沖縄本島近海へ、13日朝には日本の南へ進む見込み。

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp

 10日日曜日は広く日差しが戻り、関東から西は汗ばむ陽気になるでしょう。台風6号の最新の進路予想も併せてご確認ください。

ah_tenki1.jpg 10日(日曜日)の予想天気図

関東から西は汗ばむ陽気に

 日本の南の海上にのびる前線は次第に南下し、10日日曜日の日本付近は高気圧に覆われる見込みです。

 9日土曜日は全国的にすっきりしない天気になりましたが、10日日曜日は晴れ間の広がる所が多く、関東から西では汗ばむ陽気が戻るでしょう。

 一方、沖縄付近には前線が停滞して湿った空気が流れ込みます。雲が多い一日で、にわか雨の所があるでしょう。沖縄や奄美地方はそろそろ長雨の季節を迎えます。(梅雨入り平年日は、沖縄は5月9日頃、奄美地方は5月11日頃。)今年は台風がいつもより早いペースで発生していますので、まとまった雨への備えは早めに心がけておく必要がありそうです。

ah_tenki2.jpg

台風の動向は最新情報を

 9日12時現在、フィリピンの東にある台風6号は、非常に強い勢力で西北西に進んでいます。

 このあとは北または東よりに進路をかえながら、12日には沖縄本島近海へ、13日朝には日本の南へ進む見込みです。

 沖縄や奄美地方などは台風が接近する前から、強まる風やうねりを伴う高波にくれぐれもご注意ください。

 西日本などでも12日頃には台風周辺からの湿った空気の影響を受けて、まとまった雨の降る可能性があります。

 なお、予報円内に台風の中心が入る確率は70%で、12日以降はまだ予報円が大きい状況です。台風進路予想や天気予報は最新の情報をこまめにご確認ください。

ah_tenki3.jpg

あわせてチェックしたい

Copyright (C) 2018 日本気象協会 All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう