ニュース
» 2015年05月11日 13時47分 UPDATE

Amebaのキュレーションメディア「Spotlight」 画像の無断転載問題で今後の対応を発表

キュレーション投稿サービスの利用者に対し、著作権について啓発していくとしている。

[ねとらぼ]

 サイバーエージェントのAmebaが運営するキュレーションメディア「Spotlight」は、同サイトのライターが第三者のブログの画像を無断転載した問題で謝罪し、今後の対応策を発表した

ah_spot1.jpg Spotlightの発表

 SpotlightにはAmebaのキュレーション投稿サービス「Amebaみんなの編集局」を通して、計750人の登録ユーザーが記事を執筆している。これらのユーザーに対して、著作権や引用に関する知識、第三者のコンテンツを使用する際の許諾などについて十分に周知啓発を行っていなかったことからこのような問題が発生したと同社は述べている。

 今後の対策として、「Amebaみんなの編集局」に登録している全ユーザーに対し、今回の件の経緯報告や注意事項を個別にメール連絡し、利用規約や著作権、投稿マナーなどに関する情報についてのページを5月中旬めどに公開する。定期的にユーザー向けの勉強会も開催するとしている。

 また利用規約に違反し、運営からの警告に対して改善がみられないユーザーに、執筆記事の削除や登録削除などの罰則規定を策定するとともに、利用規約違反、権利侵害などの問い合わせ窓口を整備。ユーザーが記事執筆に使えるよう画像素材を提供する企業と提携するとも述べている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー