新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年05月14日 19時45分 UPDATE

東京から30分で行ける廃墟 川崎駅前にそびえ立つ巨大ゲーセン「ウェアハウス川崎」のダンジョンっぷりがやばい (1/4)

中身はちゃんとしたアミューズメントセンターですよ。

[イライザ,ねとらぼ]

 川崎駅の近くに存在するアミューズメントセンター「ウェアハウス川崎」をご存じでしょうか? 香港の廃墟「九龍城」を再現した内装が特徴で、ネットでも「電脳九龍城」としてしばしば話題にのぼる有名店。ネットの画像や、電車の車窓からちらりと見える、その怪しげな外観にグッと来た人も多いのでは。

 それにしても、一体なぜこんなゲームセンターを作ろうと思ったのか……? 筆者も以前から気になっていたのでお邪魔してきました。


画像 夜の取材だったこともあり、夜の闇に浮き上がる古びた外観はホラー映画そのものです

※ウェアハウス店内は撮影禁止ですが、今回は取材のため特別に撮影許可をいただいています



いざ、電脳九龍城砦の門を開かん

 尋常ではないほどサビついた古い建物に、怪しく輝く「ウェアハウス」の文字。18歳未満立ち入り禁止の看板に少々緊張しながら入口をくぐると、「電脳九龍城」のネオンが輝くさらに怪しい扉が現れます。その扉をくぐってさらに奥へと進んでいくと、まるでタイムスリップしたかのような廃墟と化した路地裏が出現。耳を澄ますと、喧嘩をしている(?)ような外国語の会話も聞こえてきます。


画像 入口はこちら。18歳以上じゃないと入店できません

画像 扉を越えると「電脳九龍城」の文字。さらに扉をくぐると……

画像 扉の先には、さらなる不思議なエリアが。廃墟と化した路地裏のようです

画像 古びたお店のそばで耳を澄ますと、なにやら中国語(?)のような会話が聞こえてきます

 そしてその先にはなにやら洞窟のような入口が。くぐり抜けると、まるでロールプレイングゲームの1シーンのような青い水と橋が突如現れます。橋を渡っていくと、駐車場への扉でした。


画像

画像

画像 まるでRPGみたいなこの空間は駐車場へ続く扉でした

 さて、「電脳九龍城砦」と書かれた怪しげなエレベーターに乗り込んで、いざ出陣です。まずは2階へ。


画像 「電脳九龍城砦」と怪しげに光るエレベーターで上の階へ

画像 2階に到着。2階のエレベーターもなんかすごいことになっていますね


       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事