新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年05月17日 11時00分 UPDATE

流れるような曲線が美しすぎる ダンボール職人が紙ワザで金沢駅「鼓門」を完全再現したぞ!

ダンボールの可能性がどんどんひろがる。

[高城歩,ねとらぼ]

 石川県・金沢駅のシンボル「鼓門」。これをダンボールを用いて完全再現した動画が投稿されています。今回も冴えわたる紙(神)ワザの数々に思わずうなります。

 「鼓門」といえば、金沢の伝統芸能である加賀宝生の鼓をイメージした柱に、ゆるやかな曲線を描く屋根の印象的な建築物。そんな複雑なものをダンボールで再現するのは無理なのではないか……、という不安を消し去るように、華麗なカッターさばきでパーツを切り出し、手際よく組み立てていきます。さすがはこれまでに「松本城」や「平等院鳳凰堂」など緻密な模型を作り上げてきたダンボール職人・うぷあざ棟梁さん。


画像 あの屋根を再現しただと!?

画像 ひええ、細かい

画像 これ本当にダンボールかな(混乱)

画像 完成。信じられるか、これで材料費100円ぐらいなんだぜ。

 製作日数4日で完成したという「鼓門」は一種の神々しささえ感じられます。あの流麗で優美な曲線が再現できていることに驚き。ダンボールという素材の可能性がまた広がりましたね。これはぜひ現地を訪れて、実物と見比べてみたいものです。


高城歩

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事