新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年05月18日 16時05分 UPDATE

また偏差値の無駄遣いを! 灘校アニメ研究会が「黒子のバスケ」のOPを実写化してみた

これが“キセキの世代”の実力。

[高城歩,ねとらぼ]

 灘中学・高等学校のアニメ研究会がまたしてもやってくれました。もはや毎年恒例となっているアニメOP実写化ムービーが公開です。今年のテーマは「黒子のバスケ」! 

 「黒子のバスケ」2期オープニングを実写化した今作。編集にかなり力が入っており、イグナイトパスやゾーンに入った際のエフェクトが凝っています。日常シーンだけでなくバスケの試合場面もしっかり再現。ダンクシュートもばっちり決まり、めちゃくちゃかっこいいのに笑いがとまらないのはなぜなのか。


画像 灘校キセキの世代

画像 残念ながらカントクは不在です

 「バスケはあまり上手くないですが、“灘校生らしさ”を感じていただければ」とのこと。前作の「Free!」OP実写化といい、これが灘校生らしさ……? 偏差値の無駄遣い、いやむしろ有効活用に感じられます。真剣かつ丁寧にクオリティの高い映像を追求するほど「バカ」が極まる姿勢がたまらなく愛おしいですね。


画像 ゾーンも再現されてますよ、火神くん!

画像 イグナイトパスかっこいい(ただし白子)

 エンドクレジットではデザイナーからヘアメイク、照明、演出、撮影、CG編集など何役もこなすryusukeさんが話題に。頑張りすぎです。彼が真の「黒子」なのかもしれません。

 これが明日の日本を担う“頭脳”を生み出し続ける超有名進学校の実力。作品へのリスペクトを忘れない灘校“キセキの世代”の快進撃、これからも楽しみですね!


高城歩

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事