新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年05月26日 18時47分 UPDATE

NTTデータ、全世界を網羅する「超高精細デジタル3D地図データ」を提供開始 2メートル解像度で「地球」をまるっと立体データ化

エベレストからあなたの家まで! 全世界を立体データに。

[大村奈都,ねとらぼ]

 NTTデータとリモート・センシング技術センターは、2メートルという超高精度で全世界の地表を網羅する3D地図データを発表した。これまで提供されていた5メートル精度の地図では難しかった、「建築物」レベルの細かな起伏も表現できるのが特徴とのこと。


画像 今回の3D地図データを使って作成した鳥瞰図(カラー処理を施したもの)

 Googleマップなどと異なり、完全な3Dデータであるため、自由に向きを変えて見ることが可能。3Dプリンタ用のデータも同時に提供され、出力すれば実際に地形に触れることもできる。

 サービス対象は全世界で、たとえばエベレストの頂上なども提供可能とのこと。普通の地図がない未開のジャングルや沙漠も高い精度でカバーするため、インフラ構築や資源開発などへの応用も。そのほか、都市開発への利用も見込まれている。


画像 エベレストも360度の方向から眺められる

 この3D地図データは、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が打ち上げた陸域観測技術衛星「だいち」のデータをベースに、米国産衛星のデータも併用して作られたもの。提供は任意の地点の最低25平方キロメートルから、価格は1平方キロメートルあたり1万1000円からとなる。


(大村奈都)


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事